あなた尽くす人、私は貢ぐ人

あいまいな話

職場の同僚は、

自他ともに認める「尽くす人」です。

今は独身ですが、

かつての結婚相手には、

靴下を履かせてあげていたそうで。

夫さんの洋服は、パンツの1枚に至るまで、

彼女が選択し、補充し、管理していました。

だから離婚するとき、

夫さんは、自分の洋服の量を把握しておらず、

段ボールが足りなくなったんだ~という笑い話です。

その話を聞いた他のおばちゃん職員たちは、

あ~、そうだよね、

そうなるよね~

という反応でして、

唯一、

共感できなかった私は、

貢ぐタイプです。

かつての夫たち、

洋服や下着をどれだけ持っていたか、

よくわかりません。

洗濯も、補充も、

それぞれ自己管理でしたっけ。

そもそも、

相手の衣服を全部洗濯してあげるとか、

整理整頓してあげるとか、

そういう発想がありませんでした。

いや、そういうご家庭があることは知っていますけど、

ご年配の夫婦や、小説の世界かな、と。

衣類の管理をするという殊勝な心得はありませんが、

結婚指輪や車の費用を負担するのは、

私でした。

注:私自身は、結婚指輪も車も、さして興味はありません。

はあ~?

何それ。

尽くす派の同僚が言います。

マジで、信じられない。

相手は、何をくれるわけ?

うーん、何でしょう。

強いて言えば、

癒し、とか?

尽くす人の同僚、貢ぐタイプの私

お互いに、

あんまり尽くさない方が、貢がない方が、

イイんじゃない?

なんて、思わず言い合いましたが、

よく考えると、

二人とも結婚生活からのリタイア組です。

そして同僚は猫を、私は犬を飼っています。

人間相手ではうまくいきませんでしたが、

パートナーの動物でも、

同じ轍を踏んでいるような。

猫は、尽くし過ぎる飼い主を嫌がりますし、

犬は、反対にかまって欲しいちゃんですもんね。

思わず笑いました。

タイトルとURLをコピーしました