怒りは、肩から逃がせると思う

あいまいな話

こんにちは。

職場では、クレーム対応に駆り出される時もあります。

各部署では簡単に解決できない、

不満の訴えが大きくなったようなときです。

 

で、患者さんや家族さんの待つロビーに行くのですが、

後ろ姿が良く似ているのです。

 

男性も女性も、お年寄りも中年も、

ほとんどの方は、肩のあたりの雰囲気がそっくりです。

 

強張っているというか、

どんより暗い感じ。

 

医療機関でのクレームって、

正直なところ、すっきり解決しない方が多いです。

 

買った商品を交換したい、

みたいな単純なことでなくて、

やるせない怒りをどうにか発散したい、と言いますか。

 

唯一、絶対で圧倒的な解決は、病気が全快することですし、

でも、医療が発達すればするほど、

病気は治っても、後遺症が残る例が増えますもんね。

 

患者さんや家族さんの、

なんで自分が病気になるんだ、悲しい、辛いって気持ちが

背後に感じられることもよくあります。

 

それでも、お話をお聞きしているうちに、

気持ちが晴れた(*^▽^*)

と、表情が明るくなる時があるのです。

 

そんなとき、肩の雰囲気は、

柔らかくなっています。

 

魔法をかけたくらい、全然違います。

 

それで、これは仮説なんですが、

肩の強張りをほぐせば、

気持ちもある程度、柔らかくなると思うのです。

 

逆転の発想って、わけです。

肩の強張りから頭痛になることもありますし。

 

というわけで、私も自らで実験中です。

 

肩の荷が下りるという言葉は、

もしかしたらエビデンスのあることなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました