【すぐ眠れて30分でパッと起きる】仮眠方法【禁断の方法ですが】

あいまいな話

こんにちは。

 

今週は睡眠不足で、どうもすっきりしません。

【森の中で散歩】は、楽しかったけどダニで大変【犬】
こんにちは。いつもの犬の散歩は、住宅街でも道路沿いでも、基本的にはアスファルトの道です。ゴミがあんまり落ちていないし(拾い食い予防)、伸びてきた爪を削ってくれるので、ありがたいのです。でも、...

以前勤めていた総合病院を辞めて以来、実に久しぶりな「寝不足感」です。

心臓どきどき、頭はぼんやり、意識して集中しないと、情報は右から左へ抜けていきます。

 
スポンサーリンク

どうしたら、目覚めるのか

 

もちろん仮眠が一番ですが、平日の職場ではなかなか難しいです。

 

コーヒーは?

私の場合は、効果がありません。

とりあえず濃いめに入れた緑茶(ティーバッグですけど)でしのぎます。

 

まずは、体温を上げなさいよ。肉を食べなさい( ゚Д゚)

 

私のデスクの周囲は、週休二日なんて夢の話だった頃から働いている先輩ばっかりです。

寝不足に勝つには、食べるしかないと力説されます。

 

そうなんですけどね、ダイエット中なんですよね(。-_-。)

それに、病院の売店の冷めたお弁当でさえ、昼時は争奪戦です。急に買いに行っても、まず手に入りません。

 

結局、ダウン

 

昼休憩の時間をずらしまして、空いている休憩室で仮眠しました。

眠ったのは、20分ほどでしょうか、かなりすっきりです(*^▽^*)

 

狙った時間にすみやかに入眠するには、ちょっとしたコツがあります。

 

横になる20~30分前くらいに、甘いものを食べておくのです。

一緒に、カフェインの取れる飲み物、例えば緑茶を飲みます。

 

そうすると、スッと眠れて、30分後くらいにパッと目が覚めます。

血糖値が急上昇して下がっていく過程の眠気と、カフェインの遅効性の覚醒作用を利用した方法なんです。

 

身体には負担をかけますし、常用すると、糖尿病のリスクが高まりますから、お勧めはしません。

どうしても短時間に、確実に仮眠が必要な場合の最終手段です。

 

それに社会人になって間もない頃に、当時の先輩に教わった方法ですから、もう古いとも言えますね。

今回は、久しぶりにこの方法にお世話になりましたが、もう当分は用事のないようにしたいものです。

 
タイトルとURLをコピーしました