それは、魔の時間

禁煙のこと

こんにちは。

 

病院や介護施設では、

あるあるだと思いますが、

認知症の患者さんには、

だいたい「魔の時間帯」があります。

 

そうですね、

夕方が多いでしょうか。

それから、真夜中。

 

とにかく帰りたい!と帰宅願望が強くなったり、

いないものが見えたり、

とにかくそわそわ、落ち着かない時間です。

 

ケアスタッフ側の表現としては、

「不穏」

と、表現することもあります。

 

これ、今月の初めから、

私にも訪れるようになりました。

 

どんなふうに?

あぁ、タバコがほしい(+o+)

です。

 
スポンサーリンク

危ないのは、夜のお散歩から帰ってきたとき

 

夕食後に犬たちと散歩に出ています。

 

だいたい4km弱。

小走りと歩きで30分くらいでしょうか。

 

帰ってきて、犬の足を拭いて、

リードを片付けて、

ごはんを食べさせて、

一息ついたとき。

 

タバコのことが、

頭から離れなくなります。

 

この状態で、もう2週間以上。

 

ニコチンは、

もう体内からすっかり抜けているはずです。

 

でも、脳の中には、

「タバコを吸いたいモード」が搭載されていて、

何かのきっかけで、

回路がつながったんでしょうか。

 

もうね、

気持ちを我慢している時間の長いこと!

 

びよ~んと、ゴムのように伸びる感じです。

禁煙って、なかなか一筋縄ではいきませんね(+o+)

タイトルとURLをコピーしました