【犬の歯:破折②】受診【茶々】

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

茶々の奥歯が折れてしまったのです。

【犬の歯:破折①】歯が折れました【茶々】
こんにちは、しゅりです。突然ですが、茶々の歯が折れました。先日のホッカイロ事件に続き、アクシデント発生です。経緯を備忘録としてまとめておきます。いきなり事件がある平日...
 

最初は様子を見ていましたが、ネットでの体験談や情報を見ているとどんどん不安になったのです。

いつも相談していた知人は、折あしく旅行中で連絡取れず。

それで、朝一番で受診することに決めました。

 

歯科も標榜している動物病院に行きます。

 

初めて受診するクリニック、そして公定価格のない動物治療の世界です。

ネット情報の「30万円前後は必要だ」も覚悟して、いざ出発です。

 
スポンサーリンク

診察では・・・

 

その日は歯科専門のドクターではありませんでしたが、丁寧な診察でしたよ。

若干腰が引けていたものの、茶々もおとなしく「いい子だね~」と褒めてもらいました。

 

飼い主には、「よく気がつきましたね」、「すぐ連れてきてくれてよかったです」と、ほっとするような言葉かけをもらいましたよ。

これ、ホントうれしかったです。

 

やはり、大きな歯がぽっきり折れましたので、神経(歯髄)が露出しているし、感染のリスクも高い。

でも年齢からみて、概ね48時間以内なら、歯を温存できる可能性が高い。

 

だから、「すぐ来てもらえてよかったです(^_-)-☆」と。

 

さっそく翌日が全身麻酔で、歯の治療予定となりました。

それに先立って、心電図・採血検査を受けましたよ。

 

聴診ではわずかに心雑音があったそうですが、心電図では問題なし。

ほっと一息つけました。

 

さて、料金の話を少し

診療と検査(心電図・採血)、2回分の抗生物質の処方で、1万円ちょっとでした。

翌日の歯科治療・材料費を含めて、3万円前後の予定だそうで。

 

最悪、30万円くらいかかるかも、現金しか使えないかも・・・と不安だったので、一安心です。

私にとって3万円だって安い出費ではありませんが、ゼロひとつ違いますからねww

 

予算に余裕が出来ました。

せっかくなので、体調に問題がなければ、歯のクリーニングもお願いすることにしましたよ。

 

さて、次はいよいよ全身麻酔と歯の治療です。

治療の終了までは、抜歯でなければいいな、と願うばかりでした。

 

あ、うれしかったことがもうひとつ(#^^#)。

 

茶々の全身を触診した先生、

筋肉質でいいですね~、しっかりお散歩行ってるんですか?

 

そのひとことで、億劫な気分の時も、はりきって散歩に行けちゃうから不思議です(*’▽’)

 
タイトルとURLをコピーしました