【交通事故②】保険会社とのやり取り編【代車を借りた】

交通事故

こんにちは、しゅりです。

もらい事故のその後の話です。

 

今までの経緯はこちら↓

【交通事故①】発生編【動揺した~】
こんにちは、しゅりです。先日、もらい事故に遭ったのです。完全に停車していた状態で、車内は無人でしたから、けが人はいません。車も、フロントの向かって右下の角がちょっとへこんだ程度です。...
 

警察とのやり取りを終えて、改めて自分がかけている保険会社に連絡しました。

 
スポンサーリンク

自分の保険会社(某共済系)

 

タイトルもつけましたが、正直なところ、たいしたことは決まっていません。

 

警察に通報して事故の認定を受けたことを確認したら、あとは翌日改めてといった感じ。

取り急ぎ代車やレンタカーについて相談しましたが、それは相手方に依頼してほしい、と。

 

まあ、そうですよね。

保険会社は明言を避けていましたが、まあ恐らく10対ゼロで、相手側の過失でしょうし。

 

相手方の保険会社(大手のT海上)

 

しばらくすると、相手方の保険会社から連絡がありました。

ただこの時点で、既に19時過ぎです。

 

連絡をくれたのは東京の本部で、細かいやり取りは、札幌事務所から明日連絡します、と。

 

でも翌朝は通常通りの出勤です。

バスで行けなくないですが、かなり早く着いてしまう上に、バス停まで徒歩10分といったところ。

 

バスに乗るために、1時間ほど早起きが必要なのも辛い。

車で近道を行くなら10分くらいですが、バスだと渋滞も含めて40分くらいかかるのです。

 

普段通り、車通勤がしたいと相談してみました(#^^#)

 

で、結論です。

  • 翌朝はタクシーで通勤
  • 次の日からは代車(レンタカー)
 

とっても助かりました(*’▽’)

 

ネット情報だと、なかなかレンタカーが認められないとも書かれていたので、ほっと一安心です。

 

札幌近郊とは言え(だからこそ?)、自家用車の利用が一般的で、公共交通機関の選択肢が少ないことが幸いしたようです。

この地域事情は、かなり丁寧に説明しましたよ。

 

翌日には代車(レンタカー)

 

翌日の夕方には、代車(レンタカー)が職場に届きました(#^.^#)

 

違う車種でも良かったのですが、同じ車の年式違いです。

ちょっとがっかりした感もありましたが、でもやっぱり慣れている車はありがたいです。

 

そうそう、ふたつほど気になったことがありました。

 

ひとつめは、レンタカーを借りるにあたって、事故を起こした場合のこと。

レンタカー会社でかけている保険で、対物・車両免責は付いています。

 

それ以外の、NOC(休業休車補償料)とレッカー代金も、今回は相手方の保険でカバーされることになったのです。

 

これは、最初はカバーされていなかったのですが、確認したら対象になりました。

もちろん事故を起こさないつもりですが、それでもありがたいことです。

 

ふたつめは、ガソリンの問題。

 

今思えば、ちょっと傲慢だったなと思うのですが、ガソリン代の話です。

 

レンタカーを借りた場合、だいたいは、ガソリン満タンで返却しますよね。

それはわかっているんです。

 

そうなんですけど、今回「ガソリンは満タンで返してくださいね」と言われた時、

え、なぜ??

って聞いてしまいました。

 

被害者なのにどうして? 好きでレンタカーを借りたのではないのに?

こんな心情です。

 

でも、自家用車で通勤していても、ガソリン代は払うものだから、今回もお願いしますねと、保険会社さんに言われましたよ。

 

その通りですね~(*’▽’)。

調子に乗らないように気を付けないといけませんね。

 

次は、修理のことをまとめようと思います。

ちなみに現在進行形なんです。

    
タイトルとURLをコピーしました