【春先のお散歩】肉球、すれて痛~い

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

 

札幌市近郊に住んでいますが、もうほとんど積雪がなくなりました。

散歩コースのアスファルトは、もうからりと乾いています。

 

犬たちも、もう冬用のつなぎを着る必要がなくなりましたので、散歩の準備がホント楽になりました。

でも春になったらなったで、この時期特有の受難があるんですよね。

 
スポンサーリンク

肉球がすれちゃう

 

冬の間は、クッション性があって当たりの柔らかい雪道ですから、肉球がヤワになっているのでしょう。

春先の散歩では、アスファルトにこすれて、出血しちゃうのです。

 

しばらくすると、肉球がガサガサに固くなって、血がにじむこともなくなるのですけどね。

それまでは、さっぽから帰宅後の足ふきで、「キャン!」と鳴かれることが続くのです。

 

散歩中、くろやぼたんはときどき立ち止まって、もう帰ろうという素振りもあります。

茶々は平気な風情ですが、それでも帰宅後はずっと足裏をなめていますね。

 

雪国で暮らす犬たちは、きっと大なり小なり同じトラブルがあると思うのです。

犬用靴下や靴もありますよね。

犬に靴は必要?犬に靴を履かせる目的と靴の選び方 | ALPHAICON [アルファアイコン] 機能性ドッグウェア(犬服)の”アルファアイコン” オフィシャルサイト
自分で着心地を確かめられないドッグウェアだからこそアルファアイコンではこだわりをもったドッグウェア作りをしています。
 

少し心惹かれましたが、どう考えてもウチの犬たちは歓迎してくれないでしょう。

というわけで、早く足裏が固くならないかな~と願いつつ、今日もいつも通りのお散歩です。

 
タイトルとURLをコピーしました