【森の中で散歩】は、楽しかったけどダニで大変【犬】

犬との生活

こんにちは。

 

いつもの犬の散歩は、住宅街でも道路沿いでも、基本的にはアスファルトの道です。

ゴミがあんまり落ちていないし(拾い食い予防)、伸びてきた爪を削ってくれるので、ありがたいのです。

 

でも、たまにはね(*^▽^*)って思うのです。

いつも同じような道では、犬は飽きるだろうな、と。

ちなみに人間は、だいぶ前から飽きています。

 
スポンサーリンク

森歩きに行きました

 

札幌市の郊外となると、住宅地の周りが原生林だったりします。

道路の角から舗装されていない道が続いていて、そこから降りていくのです。

 

小さい沢や湿地があるので、山菜採りに来た方もちらほら。

ノビルやゼンマイを集めておられましたよ。

 

カラスの巣があったり

 

キツネを見かけたりしました。

 

犬は、もう大変に喜びまして(#^^#)

あっちの草むらをごそごそ、こっちの倒木の匂いをふんふん。

 

飼い主も、森林浴でいい気持ちです。

気候もちょうど良くて、木漏れ日がきれいでした。

 

帰ってからが、さあ大変

 

あぁ楽しかった~と帰ってくるまでは良かったのです。

足元は泥だらけですし、元々そのつもりでしたので、すぐにシャンプーをしました。

 

そしたら

ダニです!

 

たぶんマダニでしょう。

シャンプーの泡に乗って、さーっと排水溝に消えていきました。

1匹だけでなく、何匹も、です(+o+)

 

そこからが、さあ大変です。

彼くんと私、総出で身体チェックしましたよ。

 

そしたら出るわ出るわ、20匹くらいは見つけました。

ホントは、止めた方が良いんですけども、ピンセットで取りました。

発見が早かったからか、それとも、毎月のスポット薬投与の効果なのか、難儀するほど食い込んでいる個体はなかったです。

ちなみに使っているのは、これです↓

 

マダニは、人間にも感染する病原体を持っていますから、要注意です。

そして、自分で取ることもお勧めできません。

【獣医師監修】マダニによって引き起こる犬の病気と症状は?マダニに刺された時の対処法とは!
犬がマダニに刺されることで引き起こる病気や症状をご紹介。 マダニは犬の死因となりうる伝染病も媒介する恐ろしい害虫です。マダニを見つけても、無理に取ったり、潰してしまったりせず、動物病院で対処してもらいましょう。今回は、マダニを見つけた時の予防法や対処法をご紹介します。
 

スポット薬の効果が本当なら、殺虫されるはず。

ただその晩は、さすがに犬たちとは別々に寝ましたよ。

 

そしたら犬たちは承服できかねるといった風情でして(まあ、理由は伝わりませんよね)、夜通し吠えるのです。

と、言うわけで、ほとんど眠れないまま、寝不足で1週間のスタートなのでした。

 

今週は長くなりそうです(。-_-。)

 
タイトルとURLをコピーしました