ルーマニアのスープ、そして鶏もつ煮

その他
焼肉用の霜降り肉のフリー素材
 

こんにちは、しゅりです。

 

先日、焼き肉に行ったのです。

 

焼肉と言えば、牛タンが大好きです。

ですから、今までモツやホルモンにはあんまり興味がありませんでした。

誰かが頼んだものを、お付き合いで口に入れる感じ。

嫌いではないけど、それぞれの違いにまで関心はなかったのです。

 

で、先日の焼き肉屋さん。

ホルモンの盛り合わせを頼みましたら、美味しかったんですよね。

 

あぁ、これは!と思ったのは、ギアラでした(#^^#)

 

牛の第4胃、赤センマイとも呼ばれるそうですね。

簡単には噛み切れないのですが、咀嚼するたび、牛の脂の甘さが口いっぱいに広がります。

いつまでも噛んでいたいと思うほどでした。

 
スポンサーリンク

あのルーマニアのスープは

 

ギアラを食べていて思い出しました。

 

20年ほど前に、ルーマニアにしばらく滞在していたことがあります。

あるプロジェクトに参加していまして、宿泊は関係者宅にホームステイでした。

 

その時にときどき供されたスープ。

これが美味しかったんですよね。

 

白濁した酸味のあるスープで、表面には何かオイルが点々と浮いている熱いスープです。

中には、ホルモンのような肉片が沈んでいます。

 

「牛のスープだ」と聞きましたので、牛ホルモンだったのでしょう。

歯ごたえがあって、簡単には噛み切れず、複雑にギャザーがよったような形でした。

 

ホルモン自体も脂の優しい甘さがありましたし、スープもこっくりとしたコクがあって、ついおかわりしたものです。

酸味も何やら複雑で、ひと口ごとに後引く味なのです。

 

また食べたいのですが、今となっては料理名も、材料もわからなくなってしまいました。

 

鶏のもつ煮もあったな

 

これはホルモンではないのでしょうけど、鶏のもつ煮。

 

学生時代に関東に住んでいたころ、近所の精肉店で自家製のもつ煮を売っていたのです。

ふと、思い出しました。

 

地域的な事情なのか、それまで鶏のもつ煮を知らなかったのです。

 

初めて出会ったそれは、キンカンも含めて、鶏の臓物をショウガ醤油で煮込んだものでしたっけ。

こってりしているようで、くどくない。

しっかり火が通っているのに、パサパサしない。

 

キンカンの独特な歯ざわり、口の中でぽっくりと分解する感じがクセになりました。

自分でも作ってみましたが、なかなか同じようにはできないので、挫折したっきりです。

 

もう食べられないであろう美味しいもの、最近はよく思い出します。

人生も折り返し地点なんでしょうね(;O;)

 

コメント

  1. […] ルーマニアのスープ、そして鶏もつ煮焼肉用の霜降り肉のフリー素材 こん… […]

タイトルとURLをコピーしました