【文旦ピール】真面目に作ってリベンジです

自炊

こんにちは、しゅりです。

 

先週は失敗だった文旦ピールですが、もう一度チャレンジしてみました。

【文旦ピール】しっとり水分多めに完成
こんにちは、しゅりです。ふるさと納税の返礼品で、文旦が大量に届きました。大好きなんです、文旦(#^^#)あの歯ごたえのある果肉も良いのですが、文旦は皮もお楽しみがあるのです。おしゃれ...

今回は分量もきっちり計測して、まじめにやってみましたよ。

 

出来上がりは?

まあ、なんとか思うとおりにできました(#^^#)

 
スポンサーリンク

文旦は、小さめサイズを4個分

 

皮をむいて、2回ほど茹でこぼすのは前回と同じです。

ザクザクむいて、ぐらぐら煮ます。

 

冷水にとったあと、今回は白いワタの部分を厚めにむきました。

で、ぎゅっとしぼった重さがご覧の通りです。

そして7割の重さの砂糖を用意。

今回もきび砂糖です。

在庫がたくさんあるんですよね。

使ってしまわないと((+_+))

 

5mm程度の太さに切った皮と砂糖を煮詰めていきます。

最終的には、鍋底に水分が見えないくらいまでがんばるのが、コツと言えばコツです。

 

1~2本ずつ並べて乾かします。

成功していれば、1時間ほどでサラッとした手触りになるはず。

表面はべたつかず、噛むと弾力があるけど、ざっくり噛み切れるのが理想なんです。

最後にグラニュー糖をまぶして完成です。

ざくざくした歯ごたえだけど、べたつかない、後味は柑橘の芳香が残ります。

うん、自画自賛ですが、好みに仕上がりました(#^^#)やったね!

 

私はジップロックにグラニュー糖と文旦ピールを入れて、シャカシャカ振っちゃいます

そのまま冷蔵庫にも、冷凍庫にもしまえるので便利なんです。

 

本格的なレシピもたくさんありますが、私のように片手間で簡単に作れる方法もあるので、参考になるとうれしいです。

 
タイトルとURLをコピーしました