【スープ・サピ・プダス】インドネシアの味噌汁【RAMAI】

外食

こんにちは、しゅりです。

 

北海道と言えば、スープカレーって、だいぶ有名になったように思います。

大泉洋のおかげなんでしょうね。

 

私もスープカレーは大好きで、ときたま食べに行きます。

この間も、軽い気持ちでスープカレー屋に入ったのです。

そしたら、出会ってしまったのですよね(#^^#)

 
スポンサーリンク

スープサピプダス

 

ご存じでしたか、スープ・サピ・プダス(soup sapi pedas)。

インドネシアでは「味噌汁」的な料理だそうですね。

 

お店のホームページより↓

スープカレーともトムヤムクンともちょっと違う味。インドネシア独特の複雑で濃厚なスープのベースは、多様なスパイスを使用したペーストによるもの。なのに柑橘系の酸味がすっきりした味わいを残す不思議なスープ。

Asian bar RAMAI
 
手前が私の スープ・サピ・プダス 、奥は連れのスープカレー(エビフライ)

さて、スープ自体は、サラサラです(#^^#)

 

ひとくちめでわかるのは、牛骨や牛すじの味ですね。

韓国焼き肉のテールスープの風味といいましょうか。

私はカレー用に牛すじでスープを取るのですが、あの味も思い出します。

 

で、その後から、スパイスの香りがかぶさってきます。

カレーよりもずっとまろやかですが、ぼやけてはいません。

 

それから最後に、酸味が来るのです。

あれは、何でしょう。

コブミカンとか、タマリンドとか、そんな感じの印象でした。

 

あ、でも、先日話題にしたルーマニアのスープ。

ルーマニアのスープ、そして鶏もつ煮
焼肉用の霜降り肉のフリー素材 こんにちは、しゅりです。先日、焼き肉に行ったのです。焼肉と言えば、牛タンが大好きです。ですから、今までモツやホルモンにはあんまり興味がありませんでした。...

あの不思議な酸味ともちょっと似ているような。

何らかの発酵系調味料を使用しているのかもしれませんね。

 

牛すじスープのうまじょっぱさ→スパイスの刺激→酸味ですっきりがワンセットなんです。

後引く味でして、食べ終わるまで、スプーンを置くことができないくらいです。

 

そして、具ですね(*’▽’)

これが大きくて、しかもたっぷり。

2cm角の牛肉が、ごろごろと6個ほど入っていました。

食感と味からすると、テールっぽい感じでしたね。

 

野菜もどーんと、かぼちゃやピーマン、れんこん、にんじん、アスパラ、なすびといろいろ入っていました。

どの野菜も素揚げされて、こんがりサクサクと言いますか、香ばしい歯ごたえです。

そういえばスープには、細かく切ったトマトも見えましたから、酸味のひとつかもしれません。

 

ココナッツミルク仕立てのラッシーも濃厚で、本当におなかいっぱい、大満足です(#^^#)

 

ちなみに私は激辛が苦手で、「3番」を頼みました。

でも、「4番」でも良かったかな~と思います。

カレーよりも、刺激は少なかったですね。

 

そうそうここは、ライスもスープカレーも、大盛が無料です。

混んでいることが多くて、いつも待つのですが、それでも変える頃にはそんなことすっかり忘れて、満腹の幸せいっぱいで帰るんですよね。

 

お店の名前: Asian Bar RAMAI (千歳店)

場所: 北海道千歳市の街なか

※パチンコ店と敷地続きなので、駐車場は広いです。

Asian Bar RAMAI / アジアンバーラマイ
北海道:札幌:スープカレーのお店:Asian Bar RAMAI【アジアンバーラマイ】です。店舗:旭川、函館、横浜、小樽、千歳、苫小牧に支店があります。
 

実は、昔の旭川店に行ったことがあるのですが、当時はこんなメニューはなかったように思います。

しかもその旭川店、現在のお店とは別の場所にありました。

 

あれ、違ったかな、どうだったかな。

ちょっと記憶が曖昧ですが、美味しさは折り紙つきでお勧めです(#^^#)

 
タイトルとURLをコピーしました