【もち】香ばしくて甘い【餅】

美味しいもの

こんにちは、しゅりです。

年始のごあいさつで、彼くんの実家にお邪魔したときの話です。

 

大皿にあふれんばかりのお刺身やカツオのたたき、唐揚げ、ハンバーグ、鶏ささみのワサビしょう油、そしてお雑煮。

そんなご馳走のなかに、それはありました。

 

レンジでチンしたおもち(#^^#)

 

これがですね、すごく美味しかったのです。

 

お皿には、見るからに柔らかそうな、でも角はしっかり残っている、白い角モチがひとつ。

焼きのりが巻いてありますが、茶色のタレがかかっているのが見えました。

 

一口かむと、うん、やっぱり柔らかい(#^^#)。香ばしくて甘いのです。

お餅の甘さって、こういう感じだったな~と。

 

タレは甘辛で、みたらし団子よりは、甘めのめんつゆに近い感じです。

このタレが、じゅわ~と口の中に広がりましたっけ。

 

レシピを聞かなかったことが悔やまれます。

ただわかっているのは、「レンジでチン」したということだけなんです。

 

彼くんのお父さんがテレビで見て、「試しにやってみた」んだそうで。

あぁ、美味しかったな~と思い出します。

 
スポンサーリンク

いまさらですが、余ったおもち

 

職場で話題になったのです(*’▽’)

年始で食べきれなかったお餅。

今も冷凍庫を占拠しているの、どうしようって話です。

 

そうですね、家族がいた頃は、冷凍庫に常にお餅が入っていました。

それぞれの実家から渡されたお餅、です。

ホント、なかなか減らないんですよね。

 

現在は、夕食は実家でお世話になっていますから、冷蔵庫・冷凍庫は常に余裕があります。

場所ばっかり取って、でもなかなか処分できないお餅。

おじゃま虫なんですけど、でもあると安心でしたっけ。

 

当時の習慣を思い出すと、ちょっとだけ切ないような、懐かしいような、不思議な気持ちになります。

結婚していた頃に戻りたいとは、1ミリも感じないんですけど、ね。

 
タイトルとURLをコピーしました