昭和で少女趣味な喫茶店【時が止まったようなお店】

外食
画像はお借りしました

こんにちは、しゅりです。

先週末は春が来たのかと思うほど、まさに小春日和でした。

 

さて、しばらく前のことですが、札幌のお隣、岩見沢に行ったのです。話題になっていたカフェに行こうかなとドライブです。

 

ですが目当てのカフェは臨時休業でして、「じゃあ」と思って寄った燻製屋さんは、無人でした。お客さんもいませんが、店の人も出てきません。奥に人影はあったんですけどねぇ。

そんな残念な出だしだったのですが、おもしろいお店を偶然見つけたのです。

スポンサーリンク

昭和【モダン】というより、【懐かしいタイプの少女趣味】

そこは、オムライス屋であり、喫茶店です。なかなか素敵なホームページには、「昭和モダン」なお店と書かれています。

 

それも間違いではありません。

でもひとことでいうと、

懐かしいタイプの少女趣味

でしょうね(#^^#)。

 

半円のバーカウンターがあって、スナックを居抜きで使っているような店内には、昭和な「カワイイ」ものが溢れんばかりです。

 

ハートとか、フリルとか、キティちゃんとか、ステンシルのカントリー雑貨とか、これでもかというくらい置いてあります。

広くない店内をカニ歩き移動しましたとも。

 

写真を撮るのが、ちょっと申し訳ないような(私の技術では雰囲気を切り取れないので)、あるはずのないものが写りそうな、 そんな店内です。

ママがお好きなんでしょうね。

 

ママ?

そう、ママがいるのです。

襟足がすっと抜けて、なかなか色っぽい和服のママです。

どうですか、ここまででも、なかなかおもしろいと思いませんか。

オムライスが看板メニュー

ここまでなんとな~く不安になるような、おもしろい店内をお伝えしました。

ところが料理はというと、これがけっこう美味しいのです。

看板メニューは、オムライス。

なぜ、緑っぽいのか。天井の蛍光灯、半分は緑なんですもの。緑のアクリル(?)カバーがかかっています。
 

卵は本当にとろとろで、バターの香りがします。

 

そして大皿にたっぷり供された謎のソースは、酸味が強めでクセになりそうです。

あのソースは何だったのかな、ドミグラスソースに見えましたが、もっとあっさり爽やかでした。

 

ドーム上に盛られたチキンライスは、これまたケチャップの酸味がたっています。

ごはんのつぶがくっつきあって、何だか懐かしいケチャップライスです。

鶏肉がごろごろ入っていましたよ。

 

そうそう、理由は聞けなかったのですが、こちらではラム肉をかなり強くおすすめされています。

ラム肉、私も大好きです。

 

で、ラム肉のつくねもついてくるセットにしました。

うん、家庭のハンバーグって感じで、素朴な歯ごたえが素敵です。

ニラ(かな?)香りが効いていました。

 

それにコンソメスープやサラダ、お水がハートの器や、ピンクやレース模様のグラスで運ばれてきます。

首尾一貫した乙女チックスタイルで、うれしくなっちゃいます。

クセ強めなお店だけど、何だかはまりそうと思いました

昔からずーっと地元で営業されているのでしょうね。建物も、食器も、年季が入っています。

 

オムライスは、カフェ飯ではなく、何だか懐かしい味がする喫茶店ごはんでした。

時代は令和ですが、現在進行形で昭和と言いますか。

クセになっちゃいそうなお店でした。

 

それに実際、幼稚園くらいの男の子とパパとか、高校生くらいのカップルとか、初老のご夫婦とか、入れ替わり立ち代わりでお客さんが来ていました。

 

あ、そうそうママは、今時では珍しいと思うのですが、お見合い仲人のようなことをしているんだそうです。

それも27年前から。

お見合いパーティーも毎年行っておられます。

 

おもしろいお店を見つけちゃいました!(^^)!

岩見沢市内、メープル倶楽部という洋菓子屋さんのお隣です。

喫茶タッチ、興味をお持ちの方は、探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました