【ゆきだるまのお家】実際、いくらだったか

ゆきだるまのお家

こんにちは。

 

私の自宅は、ローコスト住宅です。

札幌の工務店で建てました。

藤城建設の「ゆきだるまのお家」というシリーズです。

 

で、「ゆきだるまのお家」のホームページを見ると、

768万円~♪(*^▽^*)

なんて、紹介されていますよね。

 

でも、まあ、

実際にそんな値段では、家は建たないです。

 

じゃあ、

実際いくらだったのかという話をしようと思います。

 
スポンサーリンク

箱モノだけでは、住めないから

 

「ゆきだるまのお家」は、

設計だけに注目するなら、

ほぼオーダーメイドでした。

セミオーダーメイドと言っていたかもしれません。

 

つまり、だいたいの目安プランはありますが、

間取りや部屋数、外観、広さの微調整は、

担当さんとイチから相談して決めていく形だったのです。

 

ただし、キッチンやトイレ、浴室、什器、内装など

決まったメーカーの、指定の製品となります。

 

で、何にもオプションをつけない場合、

我が家の価格はこうでした。

 

総2階建て(1階2階が同じ広さで長方形の箱型)

延床面積は、26坪強(87㎡弱)

1300万円弱

 

これはいわゆる、本体価格というものです。

建物、箱モノですね。

 

ゆきだるまのお家シリーズの場合は、

本体価格に付帯工事は含まれていました。

 

建築確認申請手数料、完了検査料、瑕疵担保保険、

敷地調査料と地盤調査費、照明器具ですね。

 

ちなみにこの付帯工事ですが、

項目によっては、別途料金となる工務店もありました。

特に「ローコスト」を謳うプラン・会社は、

よく確認した方が良さそうです。

 

さて、建物だけあっても仕方ありません。

土地にどうやって、設置するかです。

 

で、本体価格の他に、

標準外設計工事として、

90万円弱(@_@)

 

これの内訳は、

杭工事(約50万円)

カーテンレール工事(7万円)

分水工事(約30万円)でした。

 

というわけで、

本体価格 + 標準外設計工事

約1390万円(税抜き)が我が家の最低価格です。

 

これに、オプションをいろいろと奮発しましたから、

最終的には、

1400万円半ば(税抜き)

でした。

 

オプションで費用がかかったのは、

たとえば、これですね↓

【エコカラット】機能重視で選択
LIXILの公式ホームページよりこんにちは、しゅりです。新居では、消臭の仕組みを作っておこうと考えていたのです。機能性壁紙は天井に採用するとして、壁については、エコカラットを採用しました。エコカラット、室内用のタイ...
 

いかがでしたか?

私は実家の敷地内に建てましたから、

土地代はかかっていません。

 

高いか、安いかは、

意見のわかれるところかなと思います。

 

でも、個人的な感想と調べた範囲では、

同レベルの断熱性能と、

犬スペースが作れる設計自由度となると、

他の会社では、もっと費用がかさむ印象です。

【断熱性能と言えば】Q値でしょ
こんにちは、しゅりです。今年は平年より暖かいと耳にしましたが、やっぱり冬は冬。寒いことにはかわりませんよね((+_+)) 11月末から本日まで、約1か月分の灯油代は、1万6千円強でした。...
【完成後のドッグスペース①】一段下がったフロアと流し台
こんにちは、しゅりです。注文住宅を選んだ一番の目的は、ドッグスペースを確保することでした。結局のところ、予算も、土地の広さにも制約だらけでしたから、もちろん色々と工夫したり、諦めたこともあります。...
 

「ゆきだるまのお家」や「藤城建設」の検索ワードで、

見に来て下さる方へ。

少しでも参考になるとうれしいです。

 

ただ、費用は2018~2019年当時のものですので、

その点だけご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました