【浴室の床】キレイサーモフロア【LIXIL:アライズ】

家を建てる
LIXILのホームページより

こんにちは、しゅりです。

入居して約1年、あれこれ使用感を振り返ってみるシリーズです。

 

今回は、浴室の床です。

 

藤城建設のゆきだるまのお家シリーズは、浴室はLIXILかTOTOから選択することになります。

TOTOの「お掃除ラクラクほっカラリ床」も魅力的だったのですが、母や知人の口コミでは、掃除が大変そうでした。

 

それで、キッチンや什器と合わせたスケールメリットを取り、LIXILを選択したのです。

一括で頼んだ方が、割引やおまけもあるかな~なんて期待もありましたし。

※関係があるかわかりませんが、ちょこちょことおまけしてもらっています。

 

スポンサーリンク

LIXILの浴室床は、キレイサーモフロア

 

LIXILでも、TOTOのような「暖かい」「お掃除らくらく」な浴室床があるんです。

キレイサーモフロアというのですが、これですね↓

詳しくは、メーカーのホームページをご覧頂くとして、特長はこんな感じです。

 

キレイサーモフロア(LIXILのホームページより)

床本体の上に、断熱層+水はけのよい溝付きの材質が載っている多重構造。

スポンジが奥まで入りやすいように、表面の溝は浅い。

撥油基(油をはじく成分)と親水基(水と馴染む成分)がそれぞれコーティングされており、皮脂汚れがつきにくい(水が油の下にもぐりこんで浮かせる仕組みになっている)。

 

さて、我が家の浴室で1年後の状態です↓

さらに近寄って撮ったもの↓

 

入居直後の写真を撮っていないことが悔やまれるのですが、ほとんど汚れていないのです。

これはちょっとびっくりしました。

 

実は、まだたいして掃除もしていないのです。

記憶が正しければ、2回だけです。

スポンジも新品同様ですし、バスマジックリンも全然減っていません。

 

毎日1回(夏場などは2~3回)は、シャワーを浴びています。

2か月毎くらいで、自分でカラーリングもしています。

もちろん浴室で薬液を髪に塗り、シャワーで洗い流しています。

 

生活習慣は変わらないのに、今まで住んだことのあるアパートや、旧居(戸建て)と比べると、信じられないくらい汚れがつきにくいのです。

 

関係があるとすれば、

・ほぼひとりしか使用しない(彼くんが週末に泊まりに来るくらい)。

・浴室を出る前に、壁や床全体にシャワーでお湯を流しかけている。

・湯舟での入浴はしていない。

・換気扇は24時間回している。

 

24時間換気は、今までのどの住居もやっていましたが、床は薄っすら赤くなるし、カビも生えたりしていました。

 

これはLIXIL(アライズシリーズ)の実力なのか、藤城建設の設計力のおかげなのか、それとも偶然か。

どうなんでしょうね。

 

また半年後くらいの状況が楽しみです(#^^#)

 

「ゆきだるまのお家」を建てた話は、別ブログに

 

さて、実はお知らせがあります。

 

元々このブログは、

「ゆきだるまのお家」を建てた体験談を記録しておきたいと思って始めたものです。

 

でも実際に家を建てている最中は、

当時の仕事が激務過ぎて、たいした記録を残せませんでした。

そして転職してブログを再開してからは、

「ゆきだるまのお家」以外の話題の方が多くなっています。

 

ですが、ひとつのきっかけがあり、

「ゆきだるまのお家」を建てた体験談だけを、別のブログにまとめてみることにしました。

コメント欄も開放しておきますので、情報交換のプラットホームになるといいな、なんて考えています。

 

ちなみに藤城建設さんとは、

「施主と依頼を受けた工務店」という以外には、何の関係もありません。

と言うか、あくまでも匿名ブログですしね。

(ま、間取りを公開した時点で、私が誰なのか藤城建設側ではわかっちゃうと思いますが)。

 

そんなわけで、良かったことも、悪かったことも、

イチ経験者として率直にまとめています。

もしよければ、たまに覗いていただけるとうれしいです。

 

ただ、この「ひとりと三匹、ゆきだるま」の中の「ゆきだるまのお家」系の記事も残しておきます。

まとめるほどでないけど、当時は悩んでいたことも、いろいろありましたもんね。

 

少しでも参考になるとうれしいです。

 

ローコスト住宅 札幌近郊で「ゆきだるまのお家」を建ててみた

タイトルとURLをコピーしました