【村上春樹のレモンドロップ】は、これかもしれない

美味しいもの

こんにちは。

 

あの小説を読むと、あれが食べたくなる現象。

何という名前か知りませんが、私はよくあります。

 

そのうち、あの食べ物を思い出したら、

あれを読みたくなったと、なります。

 

それが、今日はこれです。

レモンキャンディー(ドロップ)(*^▽^*)

 

ポケットからレモンドロップを取り出し、包み紙を開いて口の中に入れた。仕事を辞めたのを機会に煙草をやめたのだが、そのかわりレモンドロップを手元から離せなくなっていた。「レモンドロップ中毒」と妻は言った。

「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹
 

昨年から秘蔵していたレモンキャンディーを開封したのです。

セラ シチリアレモンキャンディー
 

ちなみに職場の室長には持論がありまして、

せんべいは太るけど、飴は大丈夫(*^▽^*)

ひとつが小さいからね!

 

ホントですかぁ?

なんて、言いながら、

手が止まらない言い訳に使ったりして、

もう空っぽです。

 

小さいので、気分転換にちょうどいいんですよね。

イタリア製で、レモン味がスッキリ強烈です。

中毒になる感じ、わかります。

 

成城石井が輸入していた商品ですが、もう見かけません。

もっと買っておくのだった(+o+)

 

ちなみに今は、楽天やAmazonで検索しても、

ひとつ4000円以上です。

ローソンで扱っていたときは、400円しなかったのに。

買い時って、大事なんだなと思います。

 

で、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」。

これは、金曜日の夜のお楽しみにとってあります。

 

今度の土曜日は、お休み。

出かける予定も義理も、何にもありません。

 

こういう、

時間が思うとおりに使えるとき、

オトナ最高(#^^#)と思います。

タイトルとURLをコピーしました