ハスカップジャム【お砂糖】これが、黄金比

美味しいもの

こんにちは。

 

北海道は「でっかいど~」なんて言いますが、

広いだけあって、

神秘の食べものもあるのです。

 

不老長寿の実、ご存知ですか(*^▽^*)

 
スポンサーリンク

ハスカップ~♪

 

先住民アイヌの人々が大切にしていた果物で、

「ハスカップ」もアイヌ語です。

不老長寿の北国果実、ハスカップ!北海道ならではの魅惑の果実とは?
本州の方にはあまり知られていない北海道ならではの果実、ハスカップ。不老長寿の果実といわれる高い栄養価やハスカップ食品、銘菓などをご紹介いたします。
 

道民にはお馴染みですが、

鮮度が落ちやすいそうで、

あんまりお店では売っていないですね。

 

でも、けっこう頑丈な植物でして、

庭に植えるとよく育ちます。

これが、実家の林に生えているのです。

 

で、ジャムを作りました(#^^#)

 

ハスカップって、

すごくすご~く

酸っぱいです(+o+)

 

なので、今回は、

果実の半分の重量で、

キビ砂糖を入れました。

 

ハスカップの実は、

ブルーベリーをにょ~んと伸ばしたような、

水滴のような形です。

 

山盛りのお砂糖を投入します。

 

弱火にかけて、20分くらいでしょうか。

 

すっかりお砂糖は溶けて、

部屋中が甘酸っぱい、いい香りです。

 
 

アクは丹念に取り除いて、

根気よく煮詰めます。

 

少し器にとって、固さと色を確かめます。

 

とろり、

流れるくらいで十分です。

 

凝固剤は何も入れていませんが、

冷えると、ゼリー状になりました。

 

お手製のジャムって、

甘さを控えめにできるところが魅力です。

 

でも、

ハスカップについては、

 

思いのままに、

大量の砂糖を入れれることが、

手作りのメリットだと思います。

 

というわけで、

今回のハスカップとお砂糖、

2対1の分量で、大成功でした(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました