もう会わない人、姑、そしてカマンベール

美味しいもの

こんにちは。

 

もう2度と会わないだろう人について、

ときどき考えます。

 

例えば、かつて結婚していた頃のお義母さん。

 

今となっては、気を使ってもらったなとか、

薄くぼんやりした記憶になりつつあります。

 

それくらい、関係性の遠い、

懐かない「嫁」だったわけです。

 

でも、不思議なことに、

食べモノのことはよく覚えています。

 

初婚のときの姑は、

遊びに行くと、必ずカマンベールを丸ごとくれました。

 

ただ、切ってあるだけのカマンベールチーズ。

栄養が強すぎて、身体に悪いかもなんて、

ドキドキして頂いたものです(#^^#)

 

実家では、カマンベールは、

小さく切って、サラダの横にチョンでした。

だから、丸ごとなんて、そんな発想がなかったのです。

 

カマンベールと言えば、

「美味しんぼ」のカルバドス風味のカマンベール、です。

 

料理対決で登場した、海原雄山側のメニューですね。

 

要は、洋酒に漬け込んだカマンベールで、

それをちょっと溶かしておつまみにするのです。

「美味しんぼ」(雁屋哲/花咲アキラ)のカルバドス風味のカマンベール : マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピ(マンガ飯)を再現 Powered by ライブドアブログ
「続・美味しんぼの料理本」から、秋らしいおつまみメニューを作ってみました。チーズ対決に登場する、海原雄山側のメニューです。カルバドス(リンゴのブランデー)にカマンベールを2~3日漬け込み、フランスパンにのせてオーブンで軽く焼いたもの。至高のメニューのわ
 

実際は、食べる人を選ぶメニューで、

けっこう苦いみたいですが、

居酒屋で見かけたら、頼んでみたいです。

 

あ、それともバーでしょうか。

 

こんなとりとめないことを書いている私は、

今、残業中です(。-_-。)

タイトルとURLをコピーしました