大学いも♡油で揚げても、そうでなくても

美味しいもの
焼きイモも美味しいですよね

こんにちは、しゅりです。

 

秋と言えば、食欲の秋です。

元々好きなんですが、大学イモが食べたくなる季節です。

 

★★★★★

 

名脇役としても、エッセイストとしても、素敵な作品を遺された沢村貞子さんも、大学イモを献立に加えていますね。

 

さつま芋は、沢村貞子さんの献立に何度も登場します。

そうとは書かれていませんが、大学イモもお好きだったのかなと思うのです。

 

著書「わたしの献立日記」には、こんなくだりがあるのですから。

さつま芋

この頃また、さつま芋の栄養価が見直されている。皮をむいて水につけてあくをぬき、ヒタヒタの水でゆっくり煮込んで砂糖、塩で味つけし、蓋をキッチリしめて上下にふれば粉ふき芋。酒、醤油、砂糖、水の煮汁で煮たものもまた乙な味。一センチ角に切り、生いか、ねぎ、小麦粉とまぜてかき揚げにすればご飯のおかずー

乱切りにして油で揚げて蜂蜜をまぶした大学芋は、おやつになる。

わたしの献立日記(沢村貞子)pp123
 

沢村貞子さんは、さらっと書いていますが(そして美味しそうですが)、大学イモってけっこう難しいし、手間がかかりませんか?

 

大学イモは、前夫のお義母さんの得意料理でした。

沢村貞子さんのエッセイにあるような、揚げて作る正統派タイプ。

こってりとした蜜に絡まって、黒ゴマが振りかけてありました。

 

前夫とは一生会えなくても構いませんが、お義母さんの料理は、時々懐かしく思い出すのが不思議です。

 

★★★★★

 

ところで、最近は揚げないタイプの大学イモもありますよね。

 

前職クリニックの看護師から作り方を教わりました。

とっても簡単だったので、覚書を。

 

★★★

 

材料は、さつま芋、ごま油、砂糖、黒ゴマ。

 

分量は目分量と言われましたが、「それでは出来ない( ゚Д゚)」と泣きつくと、

「砂糖は、たっぷり!(#^.^#)」と。

 

強いて言えば、フライパンの底に薄く敷き詰められるくらいは、砂糖をたっぷり入れたほうが美味しい。

 

カロリーがすごそうですが、「ダイエットするなら、大学イモなど食べないでよろしい」んだそうで。

まあ、確かにそうですよね。

 

 

作り方に戻りましょう。

 

さつま芋は乱切りにして、水にさらしておきます。

あく抜きが目的なんでしょうけど、濃いめの味つけなので、時間は適当です。

 

フライパン(できれば、イモがあまり重ならないで並べられるサイズ)にごま油を敷きます。

テフロン加工のものなら、蚊取り線香のぐるぐるみたいにタラタラ~と。

 

中火で熱して、手をかざしてうっすら温かく感じたら、さつま芋を投入します。

ジュっと音がしてもしなくても、弱火にして、菜箸でかき混ぜます。

さつま芋にごま油を絡ませる感じですね。

 

油が絡まったら、蓋をしてそのまま揚げ蒸しにします。

時々様子を見て、菜箸がすっと刺さったら、一旦はさつま芋を取り出します。

その時、完成品を盛る予定の深めの皿にアルミホイルを敷いておき、そこにさつま芋を入れれば、冷めにくく、洗い物も出ず、一石二鳥です(アルミホイルは捨てるだけですし)。

 

★★★

 

では、次に蜜を作りましょう。

 

さっき使ったフライパンに、さっきと同じくらいのごま油を入れます。

そこに砂糖を投入。

平らにならしたら、油とだいたい同じくらいの水を入れますが、これも適当です。

カレースプーンに1杯入れてみて、水分がほとんど消えたなら、もう1杯足す、と。

正直なところ、水は忘れてもいいそうですよ~。

 

そしてそのフライパンを中火~強火にかけます。

コツは、ここでかき混ぜないこと!

 

すご~く誘惑にかられますが、フライパンも揺すらないし、かき混ぜないで、じっと我慢です。

そうするとぐつぐつ沸騰して、茶色っぽくなるので、そのタイミングでさつま芋を戻します。

 

大急ぎで菜箸でかき混ぜて、さつま芋に蜜を絡めます。

焦げやすいので、要注意です。

 

それで、さつま芋に蜜が絡まったら、火を止めてお皿に盛ります。

黒ゴマをふりかけて、どうぞ(^_-)-☆

タイトルとURLをコピーしました