ステーキの思い出、そしてステーキ丼

美味しいもの

こんにちは。

 

私の大好きな言葉のひとつが、ステーキです。

ビフテキももちろん、チキンステーキとか、ラムステーキもイイですね。

 

ステーキ丼も、心躍る言葉です(*^▽^*)

戦後の食糧難を経験した世代でもないのに、不思議です。

 
スポンサーリンク

小さいころ、初めてのナイフとフォーク

 

まだ小学校の低学年だったと思います。

何かの記念日で、ステーキを食べる日だけは特別でした。

 

なにしろ、ナイフとフォークで食べるのです(*^▽^*)

自分のお皿の上で、お上品に小さく切ってみたり、かと言えば、わざと大きく切って頬ばるのもまた最高でした。

 

でもナイフがお皿に当たるキーキーという音、実は苦手でした。

それを黙っていたのは、文句を言って、ステーキの機会を逃したくなかったからでしょう。

 

あぁ、くいしんぼ(#^^#) ですね。

これは大人になっても、全然変わらないです。

 

自宅でのステーキ丼もイイですよ

 

鉄板焼き屋のカウンターで、目の前で焼いてくれるステーキ、そしてガーリックライス(*^▽^*)

最高ですね!

 

でも、家で食べるステーキも、なかなか悪くないです。

ステーキの焼き方も、いろいろと方法がありますが、自分で守っているのはこれだけです。

 

・肉は常温にする

・片面は中火で焼き色がつくまで焼き、ひっくり返したら弱火

・基本的には、できるだけ肉に触らない・動かさない

 

塩コショウは、忘れるときもあります。

気持ちに余裕があれば、肉汁を使ってソースも作りますが、市販のステーキソースも大好き。

 

とにかく、何であれ、ステーキを焼くだけで楽しくて仕方がないです(*^▽^*)

 

先日は、農園販売のしいたけもソテーして、ちょっと豪華版のステーキ(#^^#)

一口大に切りまして、ごはんに乗せて頂きました。

 

セルフのステーキ丼です(*^▽^*)

 
タイトルとURLをコピーしました