生姜焼きはお好きですか

美味しいもの

こんにちは、しゅりです。

通っていた高校では、行内の公用語が英語で、教員もほぼ全員が欧米人でした。ですが、同級生は日本人も多かったので、日本語×英語の言い回しがいくつもありました。

たとえば、no ginger situation(ノー ジンジャー シチュエーション)。

生姜がない+シチュエーション、つまり、「しょうがないよね~」ですwww

あぁ、おやじギャグですね。生徒より、一部の教員(もちろんおじさんたち)が好んで使う言い回しでしたっけ。

★★★★★

話がそれました。

生姜焼きは、お好きですか?

生姜とお醤油の香ばしい、あの豚肉ソテーです。

あっという間にできて、簡単なのに工夫の余地があって、以前はよく作っていました。

★★★★★

自分で作るときは、必ず生姜を下ろして使います。ごろんとひとつ、食材の量によってはふたつ。たっぷり入れます。チューブと比べて、やはり香りが全然違いますね。生姜のすりおろしなんて、大した手間ではないのです。

それに醤油・日本酒・みりんを適当に加えます。アルコール分が残らないように、醤油:日本酒×みりんは、4:3(日本酒:みりんは、2:1)を目安にしています。

豚肉は、何でもよし。安いものも、生姜焼き用に売られる厚めの薄切りも、どっちも良さがあります。好みとしては、脂身がしっかりついているものを選びますね。生姜醤油の染みた脂身、最高です。

そして、自分流ではキノコと玉ねぎを加えます。もしあれば、長ネギも。

キノコは、まずシイタケ。第2候補はエリンギ。助演賞として、マイタケやシメジも良いですね。キノコのしっかりした歯ごたえに対して、玉ねぎのトロトロがたまりません。

そうなんです!

まずは玉ねぎを炒めるのです。肉を付けるタレを多めに作っておいて、玉ねぎにそれを加えるので、炒め煮という感じ。玉ねぎが透き通ったら、キノコと肉を加えます。

あとは、もう、豚肉とキノコに火が通ったら出来上がりです。

その時には、生姜・醤油の香ばしさ、トロトロの玉ねぎ、キノコのプリっとした歯ごたえ、そして豚肉。ごはんが進むこと進むことwww

生姜焼きのタレについては、料理する人それぞれに一家言ありますよね。

実はアレンジ色々。しょっぱめ?甘め?「生姜焼き」ダレの黄金比を見つけましょ | キナリノ
和食の定番おかずである“生姜焼き”。ご自宅ではどのような作り方をしていますか? 生姜焼きには、生姜そのものが持つ冷えの改善や腎臓の働きを高める効果もあることから、おいしいうえに美容・健康にもおすすめな一品です。 お子さんからお年寄りまで世代を問わず「おいしい!」と思えるような生姜焼きは、実はタレが決め手。 生姜焼...

私の知人は、タレにハチミツやお砂糖を加えます。学生時代のバイト先では、少量の味の素やガラスープを入れるように言われていました。みりんを使わないひともいましたっけ。

そもそも玉ねぎやキノコを入れることも、王道ではないですよね。

でも、まあ、美味しいから良いのです(^_-)-☆

タイトルとURLをコピーしました