アスパラ【地域通貨になるんじゃないかと】

美味しいもの

こんにちは。

 

北海道の郊外で、あまねく浸透している人気者、初夏の家庭菜園と言えば「アスパラ」です。

旬は5月から6月末頃まででしょうか。

 

この時期には、収穫できる野菜が少ないこともあるのでしょう。

近所から、そして職場のおばちゃんたち、やり取りされるのは自前のアスパラがほとんどです(山菜は別ですが)。

 

もちろん、家庭菜園をやっていなくても、おすそ分けがあるのです。

そして、それにはお菓子を返す、と。

まるで「地域通貨」のようです(*^▽^*)

 
スポンサーリンク

アスパラは、アシが速い野菜です

 

つまり、鮮度が落ちやすいのです。

 

特に、茹でただけで食べたいとき。

朝に収穫したものは、その日の晩が賞味期限ですね。

 

それ以降は、腐るわけでないけど、味は全然違います。

知ってしまったら、もう元には戻れない「パンドラの箱」です。外国産のアスパラを見かけても、買おうかなとは思えなくなってしまうのです。

 

とは言え、翌日・翌々日くらいまでは、バター炒め、ベーコンとチーズ焼き、濃いめの味付けなら問題なし。

バターの染みたアスパラの白い部分、私は本当に病みつきです。

 

そうそう、鮮度の良いアスパラの塩ゆでが余ったら、そのまま麺つゆにつけるとイイです。

ジップロックに入れて、冷蔵庫で2~3日は持ちます。

 

もうね、冷えたアスパラの漬け物。

熱いご飯と交互に食べたら、ダイエットなんてしなくても構わない!という気分になります。

 

では(#^^#)

実家でアスパラを作っているので、ご相伴です。

 
タイトルとURLをコピーしました