【肉の日】子牛のソテー、モリーユ茸のソース

その他

こんにちは、しゅりです。

毎月29日と言えば、「肉の日」ですね(*’▽’)

 

学生の頃は、この日を狙って、ケンタッキーフライドチキンに行ったものです。

今もそうかもしれませんが、当時はちょっと割引される日だったのです。

 

さて、お肉は何でも好きなのですが、ずーっと食べてみたいなと思う料理があるんですよね。

 
スポンサーリンク

モリーユ茸のソースと仔牛のソテー

 

阿川佐和子さんと檀ふみさんの往復エッセイ、「太ったんでないのッ!?」で紹介されている料理なんです。

お二人でフランスを旅行したとき、ニースの朝市で乾燥モリーユというキノコに出会ったところから話が始まります。

 

その乾燥モリーユ茸は、

「腐った軍手の指先のような、はたまた蜂の巣の化石のような、長さ5センチほどの茶色い円筒形の不気味な物体」

だったのです。

 

でも、朝市で出会った裕福そうなマダムから、美味しいと太鼓判を押されたのでした。

 

いわく、

「細かく刻んでエシャロットと一緒に炒めて、生クリームでのばしてソースを作って、お肉にかけてごらんなさい。もう、たまらないから」

 

どうでしょう、私もたまらない気持ちになりました(#^^#)。

あぁ、食べてみたい。

 

阿川さんも檀さんも、そう感じたそうですね。

その朝市で乾燥モリーユ茸を買い、異国フランスで知人宅の台所を借りて、マダムご推奨の料理に挑戦されています。

 

乾燥モリーユ茸のソースに合わせたのは、そう、仔牛のソテーでした。

 

塩コショウした薄切りの仔牛をソテーするのですが、

(中略)

慣れない台所だと勝手が違う。

包丁の切れは悪く、フライパンは焦げつくが、それでもなんとか難関を乗り越えて、やや焦げた仔牛肉を皿に移し、上からモリーユクリームソースをたっぷりかける。

そして味見をしてみれば、

「おおっ」

二人(注:阿川氏・檀氏)の歓声が重なった。新鮮な感動である。フランス料理といえども実に単純簡単で、にもかかわらず複雑な味わいの残る一品だ。

「東のキヌ、西のアミ」、太ったんでないのッ!?(阿川佐和子・檀ふみ)
 

お二人は仔牛のソテーでしたが、これラム肉にも合うと思うのです。

クセはないけど、風味の爽やかな、柔らかいラム肉(#^^#)

 

あぁ、年を取ればとるほど、食べたいものが蓄積されていきます。

あなたの夕食は、何でしたか??

 
タイトルとURLをコピーしました