【家が埋まりそうになった】その後

家を建てる

こんにちは、しゅりです。

 

先日、こんな記事を書きましたので、その続報です。

【家が埋まりそう】大雪でしたね
こんにちは、しゅりです。今週の北海道は、またまた大雪が降りましたね。特に道東で大変だったようですが、札幌近郊もなかなかの積雪でした。家が埋まりそうです大雪なのですが、...

ざっくりお伝えすると、隣の建物から落雪し、窓まで埋まりかけていたのです。

そのまま春まで放っておいて良いものか、思案していました。

 
スポンサーリンク

除雪しました

 

ネットでの体験談を見たり、知人から話を聞くと、一番のリスクは窓ガラスの破損のようですね。

 

3月に入りましたが、北海道はまだまだ春の入り口です。

4月でも大雪が降ることもありますもんね。

たとえヒビでも、窓ガラスは壊したくありません。

 

それともうひとつ、外壁が浮く可能性があるようです。

「圧雪されることで雪の体積が膨らみ、そこから不均衡に力がかかるから」、なのでしょう。

 

ちなみ我が家は、ゆきだるまのお家の標準仕様で、KMEWの親水性サイディング14mmです。

そう言えば、去年引き渡しのとき、現場監督さんから話されたんでした。

積雪に圧迫されると不具合が出ることもあるから、除雪してくださいね(#^^#)

このことだったんでしょう、ね。

 

で、除雪です。

 

最初に写真を取り忘れたのが痛恨のミスですが、除雪はけっこうがんばりました。

手伝ってくれた彼君には、ホント感謝です(ごはん食べに行ってごちそうしました)。

 

藤城建設、というか「ゆきだるまのお家」では、完成後の点検は、その専任担当のスタッフさんが対応してくれます。

以前の1年点検では、「気になることがあればいつでも連絡を」とのことでした。

 

でも週末ですし、連絡するのは遠慮したのです。

大事なことをコロッと忘れていたのはこちらですし。

春の点検(後半)のとき、さりげなく聞いてみようと思います(#^^#)

 
タイトルとURLをコピーしました