手間のかける価値があるって、これのこと

自炊

こんにちは。

 

ふと彼に聞くと、

土用の丑の日にうなぎを食べていないと言います。

 

というか、10年くらい食べてない(+o+)と言うので、

週末の夜ごはんは、

うなぎとなりました。

 

お手軽に、

スーパーのパックうなぎです(*^▽^*)

 

でもこれ、ちょっとの手間で、

すっごく美味しくなることをご存じですか。

 
スポンサーリンク

ポイントはひとつ、焼く前に洗う

 

以前の職場で、

年配の同僚に教えてもらいました。

 

パックのうなぎを買ってくると、

既にタレがからんでいますよね。

 

あれ、甘辛いだけで、

実はあんまり美味しくないのです。

 

なので、これをぬるま湯で洗い流します。

 

何回か試した結果としては、

かなりしっかり洗った方が良いようですね。

 

何となく手触りがサラリとなるまで、

崩れないように、

でもしっかり指の腹でタレをこすり落とします。

 

それを、油をひかないフライパンにのせて、

まずは弱火です。

 

今回は、日本酒をふりかけたら、

これが大成功でした。

 

うなぎの下に、

ちょっとだけ水たまりが見えるくらいの量です。

 

日本酒が沸騰してきたら、

うなぎを裏返します。

 

日本酒が蒸発したら、

少しだけ火力を強くして、

表面をカリッとさせました。

 

それをお皿に移して、アルミホイルで保温です。

 

で、フライパンは洗わず、

別添にタレを入れて温めます。

 

日本酒・みりんも少しだけ。

ふつふつと沸騰したら出来上がりです。

 

うなぎにタレをトロリ、

山椒をパッパッ。

 

最高です(*^▽^*)

 

うなぎは、カリッふわっで、

レンジでチンとは全然違いますね。

 

ちょっと時間はかかりますが、

その価値は、もう!

お勧めの食べ方です。

タイトルとURLをコピーしました