【水ゼリーの思い出】そして、ミルク寒天ふたたび

美味しいもの

こんにちは。

 

作り方は簡単だけど、自分では再現できないだろうな~っていう食べ物、ありませんか。

 

手順は一見シンプルなんですが、実は細かいコツがたくさんあるようなもの。

あるいは、素材の質ですべてが決まるような料理、でしょうか。

 

 

思い出すのは、「水ゼリー」です。

学生の頃ですから、20年くらい前に、山梨県で出会いました。

山中湖の近くだったはずですが、ちょっと記憶は曖昧です。

 

無色透明のゼリーでして、たしか白い陶器の器に入っていました。

スプーンですくって食べるのですが、なんとも繊細な感触なのです。

 

ぷるんとすくえますが、口に入れると、一瞬で溶けます。

舌で押すと、わずかに抵抗があるかないか、くらいです。

 

口の中に残るのはお水で、これと言った味はないのですが、後味が不思議です。

湧き水について、「ほんのり甘い」と表現しますが、これがそうか(+o+)と思いましたっけ。

 

でも、作り方は簡単だと店主は言うのです。

井戸水をゼラチンで固めただけだから(*^▽^*)

 

そんな簡単なわけないでしょうと食い下がっても、「ホントなんだから~」と。

言葉通りなら至極簡単ですが、自分で再現できるとは思えないです。

 

有名ではなさそうな、小さい和菓子屋さんでしたが、今もあるのかなと時々思い出します。

夏の本当に暑い昼下がり、かき氷よりも、アイスクリームよりも、私は水ゼリーでした。

 

どうして、この「水ゼリー」を思い出したのかって?

また、ミルク寒天を失敗しました(。-_-。)

【食べてやせる、なんて夢の話よね】トマト寒天、そしてミルク寒天
こんにちは、しゅりです。基本的には、食べなければやせるとわかっています。わかっているのですが、「食べて、そしてやせる」に惹かれてしまいます。昭和世代ならわかって頂けると思うのですが、バナナダ...
 

今度は固く、固~くしっかり固まりましたよ。

「ぷるん」ではなく、「ぶつん!」とした歯ごたえでした。

 

儚いとは対極で、しっかりおなかに溜まりそうなミルク寒天。

お菓子作りとしては、初心者向けの簡単レシピのはずなんですけどね。

なかなかうまくいきません(+o+)

 
タイトルとURLをコピーしました