【断捨離】いつか使うカワイイもの

断捨離

こんにちは。

ゴールデンウィーク前後から、自分の中で断捨離ブームが再来しています。

【断捨離祭り】ボックスをひとつ空っぽに
こんにちは。ときめく片付けには惹かれないと言いつつも、やればやっぱり楽しいです。持ち物をぱ~っと広げて、片っ端から選別していくって、達成感にしびれます。というわけで先日、久しぶりに断捨離祭り...
 

引っ越しして1年数か月ですから、ちょうど不用品が貯まる時期とも言えますし。

グッドタイミング(*^▽^*)というわけです。

 
スポンサーリンク

いつか使うことは確実だけど、それがいつなのか

 

壊れていたり、消費期限が過ぎているものは、簡単なんですよね。

迷いなく、さようならです。

 

でも、いつか使うのは確実だけど、それがいつなのか?というもの。

いつも迷います。

 

例えば、これ↓

プレゼントや、ちょっと高価な洋菓子の包装に使われている「サテンのリボン」です。

 

それから、こういうの↓

ころんとした形の空き容器(プリンやゼリー)なんです。

 

あれば、必ず使います。

美味しいもののおすそ分けや、ほんの心遣いの贈り物をまとめるのに重宝するのです。

 

以前の職場では、部署内でも小さい贈り物を気軽にやり取りしていましたし、仕事でも出番がありました。

当時は、患者さんたちのグループワークを担当するような業務もあったのです。

そこでは、手芸や工作に使うようなものが何かと活躍しました。

 

でも、ね。

今は、違うんですよね(。-_-。)

 

仕事の内容がかなり変わりましたし(職場によって、全然違うんです)、可愛らしい贈り物をする部署でもありませんww

美味しいもののやりとりはしますが、包装は新聞紙やタッパーです。

 

思い返すに、「贈り物」を可愛らしくして渡すのは、一種の才能ですね。

ラッピングをしようとする思いつき自体、ない人は「ナイ」です。

 

私は、「ナイ」側の人間ですが、以前の職場は「ある(#^^#)」人が男女問わず何人かいました。

私も釣られて、しかもけっこう楽しく「ラッピング派」にいたのですが、その場から離れると、もうさっぱりです。

 

う~ん、と悩みましたが。

しばらくは「処分の方針」と決めました。

 

必要なら、実家に探しに行けばよいのです(*^▽^*)

というのは冗談ですが、改めてお店で探すのも、わくわくします。

 
タイトルとURLをコピーしました