【ミニマリストへの道は遠い】ときめく片付けでは、捨てられないもの

断捨離

こんにちは、しゅりです。

 

ミニマリストや断捨離に興味を持って、まず出会ったのが「こんまりさん」でした。

近藤麻理恵さん、片付けや捨てることのメソッドで、「全部出してみる」、「ときめくものだけ残す」なんて、本当に有名になりましたよね。

先日もテレビで特集されていましたっけ。

 

心がときめくものだけ、手元に残す。

あとは感謝して、手放す。

 

洋服や小物、雑貨、キッチン用品なんかは、これでかなり手放せました(#^^#)

 

でも、です。

本とマンガだけは、この感覚が発動しないんですよね((+_+))

 
スポンサーリンク

本が処分できないです

 

旧宅から引っ越すときも、本やマンガはほとんど処分できませんでした。

【本】集めてしまって捨てられない
こんにちは、しゅりです。断捨離は少しずつ進んでいるものの、なかなか手を付けられないものがあります。それは、本。゜゜(´□`。)°゜。実は、大量に本を所有しています。文庫本も、新書も、単行本も、そして...
【本と暮らす】本棚をどう処理するか
こんにちは、しゅりです。一部は断捨離するつもりですが、やっぱり本はなかなか整理できないです。もうこれは道楽なんでしょう(*゚▽゚*)どれくらい本を持っているのか、こんな感じです↓ちなみに手前・奥の2列式の本...
 

ちなみに、現在も増殖しつつありますとも。

 

で、改めて本棚の前で考えてみました。

「ときめかない本は、あるか」

「しばらく手に取っていない、このマンガはときめかないか、ときめくか」

 

結論は、ですね。

ときめくとか、そうでないとか、そういう種類の話ではありませんでした(*’▽’)

 

面白かった、資料に使った、泣いた、笑ったという様々な感情

それだけです。

もう2度と読まないかどうかなんて、あと寿命が何年なのか、と同じくらい予測できないです。

 

と言う話を、例によって職場でしたのです。

あんまり共感は得られなかったものの、先輩のひとりが言いました。

 

私も、服については、「ときめき」とかそういう次元を超えてるから、処分できない。

今「ときめく」かどうかって、あまり重要じゃないんだよね。

今はその気分じゃないだけで、あとで「またときめく」ことがたくさんあったもん。

 

このあたりが、「達人」になるか、「凡人」なのかの差なんでしょうね。

 

先輩と私はですね、

服(本)のためなら、多少の場所代を追加で払ってもいい。

 

こんな結論で終わったのでした。

ミニマリストへの道は、まだ遠そうです。

 

今日の断捨離は、ピンヒールのブーツ

 

先輩にとっては、そんなにも大切な洋服・服飾小物ですが、私は処分できるんですよね。

茶色のベルベット生地、ピンヒールのブーツ、2シーズンお世話になりました。

 

よくみると生地も傷んでいますし、ヒールのスワロフスキーも欠けてしまいました。

感謝とともに。さよならです。

 

じゃあ、私はあなたの代わりに雑誌を処分する(*’▽’)

と先輩がファッション誌を持ってきました。

 

あっという間に、後輩のカバンに消えていきましたよw

何だかよくわかりませんが、先輩と私で、お互いにひとつずつ断捨離に成功したのでした。

 
タイトルとURLをコピーしました