【筋トレ後の甘いもの】ホントに解禁でいいのか【自分で実験した結果】

あいまいな話

こんにちは。

今年からダイエット中ですが、なかなか結果を出せていません。

 

昔から気づいていましたが、ダイエットを始めた途端、甘いものが食べたくなります。

ダイエットよりも、明らかに「ふと、口さみしくなる」瞬間が多くなるのです。

 

そして恐ろしいことに、「食べてもイイ理由」を探してしまうんですよね。

 

今回もそうです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

「運動後は、甘いものを食べてもイイ時間だ」説

これを先月やってみたのです(#^^#)

 

スポンサーリンク

なぜ、運動後は甘いものを食べても太りにくいのか

 

まずは理論武装です。

詳しく知りたい方は検索して頂くとして、ざっくりしたメカニズムはこうです。

 

  • グリコーゲンは、筋肉を動かすガソリンで、成分は糖質の一種。
  • 激しい運動や筋トレをすることで、筋肉内のグリコーゲンが消費される。
  • 運動後は、筋肉内でグリコーゲンを作り出せれば、疲労が蓄積されにくく、筋肉もつく。
  • グリコーゲンの合成は、インスリンによって促進される。
  • 砂糖は、インスリン分泌を強く促す。
  • 運動後は、筋肉がグリコーゲンを欲しているので、いつもよりインスリンに反応しやすい。

 

なので、運動後に甘いものを食べても、筋肉になるだけで太らない(*^▽^*)

どうでしょう、説得力ありませんかww

学生時代に覚えた知識を総動員しましたよ。

 

1か月やってみましたが、うーん、です((+_+))

 

結論を言いましょう。

1か月前に比べて、体重は約1kg増です。

なぜ、でしょうね。

 

やっていたのは、約4kgのスロージョギング(と言う名の「犬の散歩」)と腹筋20回・腕立て伏せ20回です。

 

推察するに、

  • 運動量に対して、食べたお菓子が多すぎる
  • 雨で散歩に行かない日も、「不可抗力で運動できない日」として、お菓子だけは継続して食べた

 

このあたりがマズかったんだろうと思います(。-_-。)。

脂質も入った洋菓子もありましたし(本当は、糖質のみがベスト)。

 

あぁ、ダイエットって難しいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました