スマートキーを電池切れまで使うと・・・【例えば、ホンダのフィットとか】

あいまいな話

こんにちは、しゅりです。

 

2月になってから、ずーっと車のスマートキーが不調でした。

ざっくりまとめると、整備会社で電池交換をしてくれたにも関わらず、動作が悪かったのです。

【ホンダのコンパクトカー】エンジンがかかりません①
私の車よりもっといいホンダ(画像は無料素材)こんにちは、しゅりです。もらい事故の後、見える部分は修理できれいになったのですが、その頃から何だかカギの調子が良くないのです。事故が直接の原因ではないと思...
【ホンダのコンパクトカー】スマートキーが気まぐれ②
画像は無料素材です(乗りたいですが)こんにちは、しゅりです。ホンダのコンパクトカー(Fitなど)で、スマートキーが作動しなくなった話の続きです。前回はこちら↓どうかエンジンがかかりま...

ご厚意での電池交換ですし、改めて相談すると「確かに交換したんだけどな~」と人のよさそうな返答でしたから、接触が悪いのかなと思っていました。

ところが、どんどん症状が悪化するばかりだったのです。

 

それで、自分でも分解してみましたが、接触が悪そうな部分は発見できず。

スイッチを押す部分の接触パーツも触ってみましたが、特に問題なくスムーズに動くのです。

スマートキーの中身はこうなっています
 

自分で電池交換も出来そうでしたし、予備電池もあったのですが、結局ディーラーに行きました。

後述しますが、心配な警告表示もあったんですよね。

 

そしたら、なんと

電池切れ(+o+) まさか?やっぱり?

それも完全に消耗しつくす寸前だったそうで、電圧はほぼゼロでした。

 

滅多にないことだと思いますが、スマートキーで電池ゼロになった場合、どういう経過をたどるか備忘録でまとめておきます。

私自身は検索しても情報を見つけられず、スマートキーが完全に機能不全になるところでした。

 
スポンサーリンク

こんなエラー表示でしたよ

 

しばらくは確かに、KEYの電池残量低下の警告が出ます。

画像はHONDAのホームページより
 

ただ、これ、本当に電池がなくなると、表示されなくなるんですって。

私の場合も、この表示が消えたので、「あぁ、やっぱり電池交換してくれていたんだ」と思っていましたもの。

 

そして電池残量低下の警告が出なくなると、今度は「No KEY」が頻繁に表示されるようになります。

 

エンジンをかけて、スマートキーを車内に置いたまま、外に出て雪下ろしをすると、「No KEY」

走行中にふと見たら、「No KEY」

ちょっとした恐怖です。

 

エンジンをかけたり、開錠・施錠は常に無反応

 

警告表示の変化と前後して、エンジンのスタートや開錠・施錠は、常に反応が鈍かったです。

でも今思えば、電池残量低下の表示が出ている頃までは、5回に1回くらいはサクッと反応していました。

 

それがいつしか、スターターを使用しないと、開錠・施錠は出来なくなり、スマートーキーをエンジンボタンにくっつけないと、エンジンがかからないようになったのです。

※「スマートキーが作動しにくいとき、スタートボタンにスマートキーのエンブレムの部分をくっつけるようにしてエンジンボタンを押す」という裏技があるのです。

 

早めに専門家に見てもらった方が良いようです

 

ちなみにディーラーでの電池交換は、517円でした。

もう少し遅かったら、完全にスマートキーを死んじゃってたねと言われちゃいました。

 

自分で電池交換も出来そうでしたが(分解もできたし)、やっぱり警告表示が消えたことが気がかりでしたから、ディーラーに行って良かったと思います。

何か電気系統に異常があるのかな、とか、自分ではわかりませんもの。

 

大ごとではなくて、ほっとした次第です。

 
タイトルとURLをコピーしました