【誘われなくて良かったじゃない】

あいまいな話

こんにちは。

 

もう何年も前の話ですが、

初めて管理職になったとき、

私はずいぶんと気負っていました。

 

今とは別の病院で、

相談室に所属されていました。

 

上司の課長は、

他部署から移動してきた他業種のひと。

 

その相談室で、

最も長く勤務していたのは、

当時の私だったのです。

 

相談室と言えば、

病院の中では、

小さな小さな、吹けば飛ぶような部署です。

 

でも、存在感を発揮して、

発言権を大きくしていって、

新しい取り組みをしていきたい、

と思っていました。

この、私のがんばりで、と(*’▽’)

 
スポンサーリンク

というわけで、エンジンフル回転

 

自分の資格業務の他に、

院内の会議や、地域行政との打ち合わせ、

何でも、隙あらば首を突っ込んでいました。

 

そんなある日です。

地元行政の主催で、

地域福祉とか医療に関するワーキンググループが立ち上がりました。

 

でも、それに私は呼ばれなかったのです。

 

え( ゚Д゚)

と、大変傷ついた私に後輩が言いました。

 

誘われなくて、

良かったじゃないですか(*^▽^*)

自分の時間は、無限じゃない

先輩は、経営者じゃないですよ

っていうか、相談室の責任者でもないし、

無駄に時間を使われるようなことは、

課長にお願いしたらいいのに

 

※ま、そういうたぐいの、

結論ありきで、会議時間だけは長い、

というタイプのワーキンググループでした。

 

はっと気がつくと、

午後から毎日のように、

夜まで会議・会合の連続です。

 

頼まれた資料作成もたくさん。

それに加えて、自分の資格業務。

 

会議に誘われることが、

認められたとイコールに感じていたんですね。

 

でも、よく考えると、

便利な数合わせ要員にもなっていました。

 

若手で、役職も下っ端ですからね。

 

まさに、後輩の言うとおり、

誘ってくれなくて、

ホントよかった

というわけです。

 

便利だからイイヤツだ、の評価より、

仕事の内容がすごいね、と言われたいです。

 

あ、今ですか。

役職なしの完全に末端です。

 

会議に誘われるかどうか、

全く無縁のお気楽な毎日です(*^▽^*)

 

刺激が恋しい気持ちもありますが、

のんびりも悪くないと思ったり。

 

でも、

おもしろい職場があったら転職したいので、

給料を気にしないでいいような、

コンパクト生活にシフト中なのです。

タイトルとURLをコピーしました