窓際に家具を置かないということ

断捨離

こんにちは。

 

本州ほどではありませんが、

札幌近郊でも、

最近の日中はけっこう暑くなります。

 

閉め切った部屋なら、

クーラーが必須な感じです。

 

でも、自宅は、

裏が林に面していることもあってか、

2階の窓を複数開けておけば、

1階は室温24℃前後、という感じです。

 

外気温が26℃くらいまでなら(*^▽^*)

 

それで、最近は2階の窓を開けたまま出勤しているのですが、

ときどき、にわか雨に降られるときもあります。

 
スポンサーリンク

モノがなければ、濡れるものもナイ

 

初めて雨に降られたときは、

けっこう焦りました。

 

今まで住んでいた家ならば、

窓辺まで家具を置いていたり、

服を干していたり、

なんなら、

窓辺のソファーに服を積んでいたり。

 

窓が開いているときに雨が降ったら、

被害甚大なわけです。

 

本や雑誌が濡れたら、

なかなか元通りには戻せませんしね。

 

でも、今は(*^▽^*)

開いている窓のそばには何もありません。

 

フローリングの床だけ。

 

窓を開ける部屋と2階廊下(フリースペース)は、

窓から半径1m以上、

家具も何も置かないことにしたのです。

 

ときどき、洗濯物干しのユニットは使いますが、

乾いたら片付けてしまいます。

 

窓際に家具がないってことは、

(ある程度は)にわか雨を心配することなく、

窓を開けて外出できるってこと。

 

心配ごとがひとつ減るって、

快適です(*^▽^*)

 

理屈では理解していたつもりですが、

実際にやってみると、

そっか~とびっくりがたくさんありますね。

 

自分の想像力には限界があるし、

また、それがおもしろいです。

 

断捨離、

今のところは、ごきげんに進行中です。

タイトルとURLをコピーしました