【頭痛】偏頭痛もろもろ【受診が吉です】

頭痛

こんにちは、しゅりです。

 

もともと頭痛持ちだったのですが、2015年に偏頭痛と緊張性頭痛の混合型と診断されました。

その後も、しばらくは内服薬の調整が必要で、定まるまで1年くらいかかりました。

でも現在は何とかコントロールできています。

 

これから先も症状が変わるかもしれないので、今までの経緯を備忘録として書いておきます。

 

頭痛だけで受診するって、ちょっと葛藤がありませんか?

大したことなかったら恥ずかしいなとか、そもそもどこの診療科?とか。

もし治療や受診を検討されている方がいれば、参考にどうぞ。

 
スポンサーリンク

頭痛の種類をおさらい

専門的な解説は、こちらをどうぞ↓

Neuroinfo Japan:脳の病気に関係する症候
 

外傷や脳出血・脳梗塞を除いた慢性頭痛として、大きく3つに分けられます。

日本では、成人の4人にひとりが悩んでいるというデータもあるんだとか。

 
 場所痛み他の症状
偏頭痛
(片頭痛)
頭部の片側、両側発作的。ズキズキと脈打つような痛み吐き気や嘔吐。光や音が刺激になる。
緊張型頭痛頭部全体・後頭部・首筋頭が締め付けられるような頭重感。長時間続く。首や肩のこり。ふわふわしためまい。
群発頭痛頭部の片側「・片目の奥や周囲えぐられるような強い頭痛。毎日1~2時間続くことも。痛む側の目の充血や涙、鼻水など。
 

私の場合、群発頭痛は発症しませんでした。

なので、今回は説明を省きます。

 

体験談を聞くと、ものすご~く辛いらいしいですね、群発頭痛。

この世の終わりを感じると、体験談を耳にしました。

 

セオリー通りの症状ではなかった

 

インターネットでも、書籍でも、偏頭痛(片頭痛)と言えば、「頭の片側がズキズキ脈打つように痛む」です。

そして緊張型頭痛が、重くるしい重圧感や締め付けられるような痛みで、通常は頭全体に生じます。

 

でも、これ、私の場合は違う時もあるのです。

 

たしかに「ズキズキ」「ガンガン」の頭痛もありますが、「ぐわ~ん」「もわ~ん」と重苦しい痛みや、片目の奥がだるくなるような痛みも多いです。

 

こう書くと緊張型頭痛みたいですが、偏頭痛のための頓服薬が効くのです。

 

そしてややこしいのが、一旦は痛みは引くのですが、30分後くらいに再び頭痛が襲ってくるときもあるのです。

 

その時は、まさに「ぞうきんを全力で硬く絞り上げるような」イメージの痛みです。

表現が難しいのですが、ギリギリギリ・・・という効果音が似合います。

 

その時には、ロキソニンなど緊張型頭痛の頓服が効くのです。

 

この複合型だとわかるまでに、ちょっと時間がかかりました。

 

思いのほか長くなってしまいました。

次回、受診先が決まるまでの道のりや処方のことをまとめます(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました