【歯磨き】犬も【毎日ですって】

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

 

ちょっと間が空いていしまいましたが、茶々が歯を折った話の続きです。

前回までは、こちら↓

【犬の歯:破折⑥】歯周病なんですって
こんにちは、しゅりです。茶々の破折の話の続きです。書こうかどうか迷ったのですが、実はほとんど歯磨きをしたことがありませんでした。今となってはいろいろ実感しているのですが、ホント無知とは怖いも...
 

折れた歯を再建した1週間後、再診と歯磨き指導となりました。

歯の状態は異常なしだったので、さっそく歯磨きの話です。

 
スポンサーリンク

まずは、口元や歯を触らせてくれること

 

子犬の頃から、口の中に手を入れても嫌がらないようには慣らしていました。

嫌そうな顔をされますが、噛んだり、威嚇してくることはありません(#^^#)

なので、これはクリアです。

 

口元を触らせてくれない場合は、まず人の手で口を開けても嫌がらないように、少しずつ慣れさせることから始めるそうですね。

 

キーワードは、3か所と3回

 

歯を一本ずつ、丁寧にみがけるなら、もちろんそれが一番です。

でも、それはかなりハードルが高そうです((+_+))

 

歯磨きをしようとしたら、噛みつきはしないものの、全力で逃げようとするんですよね。

前足まで使って、ブロックしてきます。

 

そこで、キーワード「3か所と3回」

 

正面・左右の3か所を狙って、シュッシュッシュッと3回ずつみがくというわけです。

それを上下の歯列それぞれ、表面・裏面に行います。

 

そして出来たら、犬歯や臼歯を重点的にと。

つまり大きな歯はしっかりみがく、と覚えました(*’▽’)

 

素早く、短時間に

 

犬からすると、口を触られることも、口の中に歯ブラシが入ることも嫌なわけです。

いかに素早く短時間で終わらせるか。

これが大事だそうですよ。

 

そして、一瞬でもちゃんとみがけたら、その都度ご褒美をあげること。

おやつは太るので、食事分のドッグフードを取り分けてね、と。

 

歯磨きシートもありますよ

 

歯ブラシに慣れるまでは、歯磨きシートもあります。

たとえば、こういうのです↓

これを巻き付けた飼い主の指を口に入れて、歯をみがくわけです。

 

歯ブラシは大変なので、指みがきでも良いですか??

いえ、だめです

歯ブラシで、歯周ポケットから汚れをかき出してほしいんです。

人間だって、歯ブラシじゃないときれいにならないでしょ(^_-)-☆

だということです。

 

犬自身が歯みがきを好きになるように

 

説明が終わると、いざ先生が実演です。

それまでの茶々は、じっと待っていました。

神妙に、先生の話を聞いている風情で、なかなかお利口さんでした。

 

でもやっぱり歯ブラシは嫌がりましたね((+_+))

 

すると先生、3秒に1回くらい、試供品のドッグフードを口に放り込んでいます。

シュシュッとみがく、そしてドッグフードひとつぶ、これの繰り返しです。

 

そんなにご褒美をあげたら、食事をしているのか、歯をみがいているのか、どっちなんでしょう。

 

でもまずは慣れることが先で、そのうちご褒美の量は減っていくはず。

歯みがきは楽しい・いいことがあると、犬側にわかってもらわないと、ね。

 

そうなんですか(*’▽’)

歯みがきの頻度は、毎日しましょうね、って言われちゃいました~。

 

これは大変ですが、まずはやってみます(#^^#)

ちょっと長くなったので、歯磨きに必要な物品編は次回にします。

 
タイトルとURLをコピーしました