【犬たち】おなかがゆるい【飼い主たちも】

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

 

3月後半になって、どうも犬たちのおなかがゆるいです。

マイナス気温になることが少なくて、暖房の設定を低めに変えたからでしょうか。

【ゆきだるまのお家】電気・灯油代の光熱費【3月分】
こんにちは、しゅりです。毎月恒例の光熱費の公開です。ローコストであること以外にも、高断熱で光熱費を抑えられるのが「ゆきだるまのお家」の売り文句でした。隙間風が入り放題だった旧宅に比べると、やっぱりコ...
 

こんな姿勢で寝ているからかもしれませんが、ぼたんが一番ゆるいです。

完全な下痢ではありませんが、指で押せば抵抗なく潰れる柔らかい便で、ゼリー状の腸液らしきものも排出しています。

こんな風に毛布にくるまりがちな茶々は、おならが増えました。

 

クロは一見普通に過ごしていますが、やはりゼリー状の腸液まじりの便が出ました。

ちなみに同じ時期、飼い主の私も、たまたま泊まりに来た彼くんもおなかの調子が下り坂でした。

 

なんでしょうね?

 

とりあえず、ビオフェルミンを飲んでみましたよ。

オトナは3錠、犬たちは1錠です。

で、二日ほどで症状は治まりましたから、やっぱりビオフェルミンは頼りになります。

 

ビオフェルミンとか、正露丸とか、オロナミンCとか、まるで信者のように頼る患者さんを見かけますが、私も入信してしまいそうです。

なんにせよ、大事に至らず良かったです。

 
タイトルとURLをコピーしました