【チョコレートとアルコール・お酒】犬が食べたら死ぬ?致死量と対処法はコレ!

犬とチョコレートの致死量 犬との生活

昨今のコロナ禍の影響で、おうち時間が増えましたよね。

自宅で犬たちを過ごす時間も、また然り。

我が家には3匹の犬がいますが、彼らと遊んでいると、もう仕事など行きたくなくなります。

そして家にいると、つい美味しいものに手が伸びます。

そうなると、犬たちにもおすそ分けしたくなるのが人情ってものです。

でも、ちょっと待って!

飼い主の人間は好物でも、犬にとっては、命取りになる食べモノが実はたくさんあります。

今回は、おうち時間のお供にぴったりでも、犬たちには与えてはいけないもの、

チョコレートとお酒の危険性について紹介します。

スポンサーリンク

チョコレート

チョコレートの危険成分

チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分が、犬にとっては毒になります。

テオブロミンとは、興奮剤やドーピングに使われることもある物質ですね。

神経や心臓を刺激しますが、作用が強すぎれば、けいれんや不整脈を誘発してしまいます。

人間であれば、肝臓でこの成分を解毒・分解しますが、犬はその能力が弱いのです。

その結果、毒素排出のための下痢や嘔吐が生じます。

一方で、テオブロミンによる興奮作用も出ますから、犬の体内では大変なことになってしまうわけです。

もちろん、死に至るリスクもあります。

チョコレートの致死量

テオブロミンは、カカオに含まれています。

つまり、カカオの含有量が高いチョコレートほど、危険性が高いです。

ちなみにテオブロミンの致死量(犬)は、おおよそ100〜200mg/kg程度とされています。

ミルクチョコレート100gのテオブロミン含有量の目安は、250mg程度。

体重5kgの犬では、50gほどの板チョコ4枚でアウトです。

ちなみに、一般的な板チョコが1枚60g前後ですね。

ただし、ダークチョコレートなどハイカカオの製品では、半量からそれ以下でも危険な場合があります。

厚生労働省 

チョコレート以外でも・・・

チョコレートは、身近な食品のあちこちに含まれています。

  • チョコチップクッキー
  • チョコクリームの入ったパン
  • ファストフードのシェイク

それ以外にも、カカオを多く含む「ココア」も要注意です。

お酒・アルコール

昔、何かのマンガでしたか、それとも映画だったでしょうか。

主人公が、飼っている犬と、迷い込んできたニホンザルと、日本酒で一杯やっていました。

場所は、主人公の自宅で、座敷だったはず。

文字にすると妙ですが、情景としてはとても楽しげで、子ども心に憧れました。

でもね、犬にアルコールはNGです。

それも、少量で命を落とす危険性があるのです。

アルコールを分解できない

犬は、アルコールを分解できません。

体質的にアルコールを分解できない、下戸のひともいますよね。

その方々と同じです。

犬の体内に入ったアルコールは、急速に吸収されたまま、分解されることなく、体内をめぐります。

まず心配なのは、脳への影響でしょう。

酩酊・ふらつき・頭痛・・・。

転倒しても体制を保てず、骨折や頭をケガするリスクもあります。

また呼吸が苦しい、不整脈、肝臓・腎臓の機能を阻害するなど、全くいいことはありません。

犬自身が、

今日はむしゃくしゃするから、

飲まずにいられないんだわ

なんて、思うはずもないでしょうしね。

アルコールを勧められるのは、犬にとっては、ありがた迷惑でしょう。

アルコールの致死量

ほんの少量でも、アルコールは犬に影響を及ぼします。

目安としては、犬の体重1kgにつき、アルコール5.6ml

ちなみにおちょこやショットグラスで、1杯が約15~20mlです。

小型犬なら、ぺろぺろ舐めただけでも危険な場合があります。

もう少し詳しく解説しましょう。

アルコール度数で致死量を比較するとこうなります。

  • ビール(アルコール度数5%)なら、110ml
  • ワイン(アルコール度数15%)なら、37ml
  • 日本酒(アルコール度数40%)なら、14ml

うーん、具体的にみると、その少なさが際立ちます。

人間(下戸でないなら)、どうってことない量ですけど、だからこそ、

ちょっとだけだし、いっかな~

それが命取りと覚えておきましょう。

なお、

  • アルコールを含むウェットティッシュ
  • スーッと清涼感のあるマウスウォッシュ
  • 焼く前のパン生地(イースト発酵でアルコールが生じている)

このようなモノも注意が必要です。

もし、食べて(飲んで)しまったら?

このおもちゃは安全だけど、チョコやお酒はとっても危険!

とにかく動物病院に電話をしましょう。

何をどのくらい、いつ食べてしまったのか、

メモに書いておいて、正確に相談しましょう。

チョコレートも、アルコールも、犬によっては、少量でも命にかかわります。

ネット上では、様々な情報が溢れており、

○○kgの△△犬なら、◇◇くらい食べても平気

そんな風に書かれている記事も見かけます。

でもネット上で例として挙げられているその犬は、あなたの(私の)犬ではないのです。

獣医さんに、怒られちゃう・・・と心配ですか?

そんなの当たり前でしょう。

っていうか、怒られるくらいで済むなら、ラッキーだよ。

犬の命が助かる方が大事だよ。

チョコレートやアルコールの中毒は、

飼い主が防げる事故なんだから、

あなたがしっかりしてください。

これ、かかりつけの獣医さんの言葉です。

実は、犬たちと晩酌したいな~なんて呟きまして、

がっつり怒られたのでした。

で、この記事のいろいろを勉強したのです。

みなさまも、お気をつけくださいね。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。