【後悔する?】多頭飼いに向かない犬種や組み合わせに注意!

多頭飼いに向かない犬種と組み合わせ 犬との生活

飼い主がひとり暮らしの場合、仕事に出かけてしまうと、家の中にいるのは犬たちだけです。

長いお留守番の間、ひとりぼっちで寂しくないように。

これが、私が「おひとりさま」でも犬を多頭飼いする理由のひとつです。

ただそれを実現するために、ちょっと気をつけたことがあります。

リスクの高い組み合わせは避けて、同居する犬たちを探したのでした。

私は犬飼いとしては素人ですから、避けられるトラブルは、事前に予防したかったのです。

特殊なケアを要する犬種や玄人好みのクセある犬

そんな犬たちが私の元で暮らしても、対応できなくて、お互いに不幸になりますからね。

では、多頭飼いに向かない組み合わせとは、どんな犬たちなのかでしょうか。

私自身が獣医さんに相談して、教えてもらったアドバイスを紹介します。

スポンサーリンク

闘争本能が強い犬種の犬

ドッグランで遊ぶピットブル(フリー素材)

世の中には、闘争本能を高めるために、人工的に作られた犬種があります。

たとえば、ピットブル。

正式名称は、アメリカン・ピット・ブル・テリアといいます。

非合法の闘犬賭博のために、アメリカで交配を重ねて、より勇敢に、より攻撃的にと変化した経緯があります。

勇敢に・・・って。

これは、言い方を変えれば、

興奮したとき、飼い主の制御が入りにくいってことです。

つまり、衝動的に闘争を抑えられなくなる可能性が高いのです。

深い知識や専門家としての経験がないと、

あなた(飼い主)も、犬だって不幸になるよ!

ダメ、絶対!

この、獣医さんのアドバイスで思い出されるのは、2020年5月に起きた、千葉県の咬傷事故です。

銚子市の個人宅で飼育されていたピットブルが逃走し、近所の女性と愛犬(トイプードル)に噛みついたのです。

その結果、女性は重症。

トイプードルは命を落としました。

その逃げ出したピットブルは、闘犬用に飼育されていました。

報道されたところによると、飼育環境は十分に整っておらず、狂犬病のワクチンも接種させていなかったそうです。

そのピットブルはブリーダーの元に戻りましたが、咬傷事故の当事者として、殺処分の可能性もありました。

でもね。

これって、ピットブルのせいでしょうか。

興奮しちゃう、攻撃しちゃう、抑えられない・・・

そういう風に進化させられた犬種なのです。

また一方で、トイプードルのこと。

命を落としたそのときの恐怖を思うと、本当に胸が痛みます。

攻撃的になるように交配された犬種は、素人飼い主が多頭飼いするべきではないのです。

参考:朝日新聞デジタル

威嚇せず、突然かみつく犬

ワンワンっ!吠えるのも感情表現(茶々)

犬たちのコミュニケーションは、通常こんな感じです。

もしイヤなことがあっても、

まずは「うなったり」、「吠えたり」、「威嚇したり」します。

噛みつくのは、そのあと。

威嚇に対して、相手の反応を見てからです。

常識のある犬同士や人間が相手なら、威嚇している段階で、

あ、イヤなんだなと気づいてくれるはず。

それが通じないと感じたとき、身を守ろうとして、犬は「かみつく」のです。

ところが、この「威嚇行動」を取らない犬もいるのです。

それ、イヤだから、やめてくれないかな~

このサインを出さず、いきなりガブっときます。

人間は犬よりどんくさいですからね、逃げる間もなく噛まれてしまいます。

特殊な訓練を受けて、そう行動する犬たちもいますが(軍用関連)、家庭犬でもそんな犬たちは存在します。

たとえば、こんな犬たちです。

  • 生まれてすぐに親元から引き離された犬
  • ペットショップのクリアーケースで、赤ちゃんのころから過ごす犬

赤ちゃんのうちに、母犬や兄弟姉妹犬から引き離されると、犬社会の常識を学べないまま、成犬になってしまうからです。

ちなみに改正動物愛護法(2019年成立)では、子犬や子猫の販売について、生後56日(8週間)まで原則禁止となりました。

この期間は、赤ちゃん犬にとって、犬社会の常識を身に着ける貴重な時期だからです。

 大型犬と小型犬の組み合わせ

ゴールデンレトリーバーとチワワ(フリー素材)

大型犬がくつろぐそばで、小型犬がじゃれる

ほほえましい光景ですよね。

YouTubeに挙げれば、人気の動画になりそうです。

でもね、ちょっと注意が必要な組み合わせなのです。

獣医さんが教えてくれたのは、ゴールデンレトリーバーとチワワの話でした。

そのご家庭では、ゴールデンとチワワを飼っていました。

ゴールデンは温厚な性格で、チワワは活発で陽気。

二匹は仲良しで、ケンカなんてしたことなかったそうです。

でも、ある日、事件は起きました。

飼い主に名前を呼ばれたゴールデン。

うれしくて、しっぽをブンっと振りました

それがいつもの習慣だったのです。

ところがその日、尻尾のすぐ側にチワワがいました。

小さくて軽いチワワです。

ゴールデンの尻尾に、吹っ飛ばされてしまったのです。

チワワは脳震盪を起こして失神。

顔面蒼白の飼い主が、病院にチワワを運んできたそうです。

仲良しだから大丈夫とは、言えない。

いいえ、仲良しだからこそでしょうか。

体格差がある犬同士は、意図しない事故の可能性が高いのです。

大型犬と小型犬を一緒に飼いたいなら、

いつも飼い主がそばにいれること

何かあったら、すぐ対応できること

これが大事なのです。

「おひとりさま」では、現実的にはちょっと難しいでしょうね。

多頭飼いには、安全かどうかも大事

ウチの小型犬ズ。手前からぼたん・茶々・クロ

ひとり暮らしでも多頭飼いはできるし、複数の犬と暮らすのは、とっても楽しいです。

でも、彼らは生き物です。

そして、自らの意思で我が家に来たわけでもありません。

ついでに言うと、気軽に自分たちで出かけることもないです。

というこうとは、安全に暮らせるかは、飼い主によりますよね。

「おひとりさま」なら、飼い主の身体はひとつ。

犬とずーっといっしょに過ごすのは、物理的に無理なのです。

だから、飼い主が対応できないような、明らかに「危険」とわかる組み合わせでは、犬の多頭飼いはしないようにしようと考えています。

で、うちは小型犬が3匹です。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。