犬のごはん【どこまで手をかける?】

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

 

私自身は食べることが大好きですが、ウチの犬たちもきっとそうです。

ぼたんはやや遠慮がちですが、くろや茶々はもう、あるだけ食べますね。

 

引っ越し当初、ドッグフードの袋を棚に置いていたのです。

それがいつの間にか、犬たちの鼻先が届く場所に移動したみたいで、底に穴を開けられちゃったんです。

 

ま、当然食べますよね。っていうか、食べ放題ですよね。

私が家を出ていた10分くらいの間に、かなりの量を食べちゃってました。

 

茶々なんて、おなかがぱんぱんで、くびれが見えなくなってましたもの。

まるで、ツチノコみたいでしたよ。

こんな感じ(ツチノコ画像:お借りしました)
 
スポンサーリンク

犬のごはんと言えば

 

昔、親戚の家で飼っていた中型の雑種犬。

 

味噌汁かけごはんをあげてましたっけ。

たしかダシを取った煮干しも加えていたはず。

時代を感じますね、外飼いしていました。

 

すごいなぁと思ったのは、大型犬を飼っている知人の話です。

 

生肉をメインに、全部手作りしているのです。

費用もさることながら、栄養が偏らないように、バランスを取ることがとにかく大変で(´;ω;`)と話していました。

 

ウチはですね、完全ドッグフード生活です

 

犬たちを飼う前は、人間と同じように食事の変化があったほうがいいかな、とも考えていました。

でも実際にいっしょに生活してみると、そんな余裕はありませんでした。

 

特に、作る時間がきつい。

いろいろ選べるようにすると、尋常でない費用がかかります。

 

それにバランスの取れた食事にしようとこだわると、どこまでも深入りしそうなんです。

栄養学の知識だけでなく、犬の生態の知識も必要ですし、仕事に行く暇がなくなりそうです。

 

なので、食事はドッグフードのみ。そのかわり、おやつは色々買いこんでいます(#^^#)

 

今のドッグフードは、3種類目でたどりつきました

 

ドッグフードにもいろいろありますが、「総合栄養食」と表示されたものを選んでいます(^_-)-☆

 

なぁんて、今ならしっかり言えますけど、最初は適当でした。

近くのドラッグストアでセールになっていた、大袋のドッグフード。

 

これです↓

飼い始めて半年くらいは続けていましたね。

 

評判については、特にここでは触れませんが、ウチの犬たちには微妙、でした。

食いつきは良いものの、おならとうんちが臭いましたね。

 

でも、「そんなもんかな」と思っていたので、無知はやっぱり怖いです。

 

そんな折、近所のドラッグストアでは、プロマネージの取り扱いを止めてしまったのです。

 

さあ、どうしましょう((+_+))。

 

そこで初めてドッグフードについて、いろいろ調べたのです。

 

で、次に選んだのがこれです↓

 

うんちの臭いが全然違いました(*_*)。

おならもほとんど匂わないですし、食べ物によって、こんなに変わるんだとびっくりしました。

 

ただドッグフードって、良いものはやっぱり高価ですよね。

 

これは、(大袋13kgなら)内容の割に価格が抑えられているので、お気に入りだったんです。

犬たちの食いつきも良かったですし。

 

今は、ナウ フレッシュ

 

ナチュラリーフレッシュに満足していたのですが、お得な大袋入りの輸入販売が終了してしまったのです。

あまりメジャーなブランドではないようで、輸入業者やサイトがすごく少ないことも痛手でした。

 

つまりお得な値段では、手に入らなくなっちゃったんです( ;∀;)

 

そこでまた調べまして、今はナウ・フレッシュに落ち着きました。

輸入販売で取り扱っている業者が多いので、安定して購入できそうです。

 

そうそうナウ フレッシュにした決め手を紹介します。

 

グレインフリーであること。

犬は、穀物の消化が不得意だそうですね。アレルギーのきっかけにもなるので、これは重視しました。

グレインフリー以外のドッグフードは、選択肢から外して探しました。

 

あ、プロマネージを買っていたことは忘れてください。

無知だったのです。

 

タンパク質の含有量が高いこと

NOW FRESH Grain Free Adult Dog Food Recipe | Petcurean
新鮮な七面鳥肉、サーモン、鴨肉とココナツ油、キャノラ油由来の新鮮なオメガ3&6脂肪酸を使用しています
 

上記はメーカーサイトでして、成分表を抜粋します。

ちなみに使われている素材のうち、含有量が多い順に記載されているんです↓。

ターキー生肉、ポテト粉、エンドウ豆、リンゴ、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、トマト、ポテト、フラックスシード、キャノラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、天然香料(チキン由来)、サーモン生肉、ダック生肉、アルファルファ、ココナツ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、ニンジン、カボチャ、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、パパイヤ、パインアップル、グレープフルーツ、レンズ豆、ブロッコリー、ホウレン草、カッテージチーズ、アルファルファスプラウト、乾燥チコリ根、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸二カルシウム、レシチン、塩化ナトリウム、塩化カリウム、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ナイアシン、イノシトール、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、β-カロテン、ビタミンD3サプリメント、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、タンパク質キレート鉄、硫酸銅、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)、タウリン、DL-メチオニン、L-リジン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、ユッカシジゲラ抽出物、L-カルニチン

成分表 NOW Fresh
 

ね、タンパク質がトップに来ています(#^^#)

ドッグフードによっては、最初にじゃがいもなどが記載されているものもあるのです。

 

関連して、ミートミール(乾燥肉粉)など副産物を使っていないことも好感を持ちましたよ。

 

あとは、そんなに細かくはチェックしていません。

あからさまに塩を添加していないとか、大量に食べないと栄養量が足りないとか、そんなところでしょうか。

 

本当は、人間も食べられる(ヒューマングレード)製品が理想でしたが、費用面であきらめました。

グレインフリーとタンパク質メインのドッグフードで、費用面でギリギリ許容範囲だったのが、ナウ フレッシュというわけです。

 

大袋(11.34kg)で、1万7千円とちょっとで、2か月弱でなくなります。

1kgが1600円弱といったところですか。

 

安くはないけど、う~ん、まあアリです。

私はほとんどお酒を止めたので、その分と思えばいいかなって。

 

ちなみに獣肉(ターキー)とフィッシュ(サーモン)の2種類を買って、交互にあげています。

1種類だけを食べ続けると、あまりよろしくないと耳にしたものですから。

 

あくまでも個人の感想ですけども、ウチの犬たちには合っているみたいですね(^_-)-☆

うんちも、そんなに嫌な臭いでなく、干し草っぽいというか、乾いた何かのような匂いです(それに割とすぐ消えます)。

タイトルとURLをコピーしました