【花火や雷、レジ袋】嫌いな音に犬を慣れさせる方法

犬が嫌いな音 犬との生活

ウチで暮らしている3匹の犬は、嫌いな音がそれぞれ違います。

  • 茶々とぼたんは、レジ袋のガサガサする音が怖い
  • 茶々は掃除機の音がキライだけど、ぼたんは平気
  • クロは、レジ袋も掃除機も大丈夫だけど、雷の音が怖い

こんな感じです。

子犬の頃は、苦手な音を聞くとブルブル震えて固まってしまったり、ハウスに逃げ込むときもありました。

あるいは、飼い主の私にしがみつき、頭の上まで登っていったり(落ちそうでした)。

でも、現在はかなり落ち着いています。

そうなるように、こちらも色々工夫したからです。

今回は、色々な音に犬を慣れさせるメリットと方法を紹介します。

スポンサーリンク

犬の聴力はすごい

ん?なんか音がした!という顔のぼたん

犬が聞くことのできる音の範囲は、周波数だと40Hz(ヘルツ)~65000Hzとされています。

ちなみに人間は、20Hz~20000Hzですから、その差は歴然です。

人間には聞こえにくい、超音波領域の音もキャッチしているんですね。

モスキート音など、朝飯前です。

また、人間の聴力と比べ、400倍も遠い距離からの音を聞き取れる能力が犬にはあります。

外出から帰宅する際、少し離れたところからペットカメラを作動させてみると、私が玄関につく前に、犬たちはもう気がついています。

それには、この聴力も総動員されているのでしょう。

加えて、犬は多方面からも音を収集することが明らかになっています。

人間が16方向から音を聞き取っているのに対し、犬の場合は32方向。

実に2倍も広く、音の位置を認識しているのです。

飼い主の人間には、想像もできないくらい、たくさんの音に囲まれているわけです。

まさに音の洪水ですよね。

犬が嫌がる・嫌いな音とは

一般的に犬が嫌がる音とは、次のようなものです。

  • 電化製品の音(掃除機やドライヤー、急にうなり出す古い冷蔵庫)
  • 工具を使う音(電気ドリルなど)
  • 破裂音や爆発音(花火や爆竹、風船が割れる音)
  • 雷や嵐などの大きな音
  • 合成された連続音(電話の呼び出し音やインターホンなど)
  • 人工的な声(電話をするときの受話器越しの話声など)

思い当たることばかりです。

我が家でも、子犬の頃は特に、ほとんど全部に反応していました。

こうしてみると、雷や嵐など以外は、全てが人工的な音ですね。

そしてどれもが、現在の家庭環境で過ごすなら、無くせないものばかりです。

犬を嫌な音に慣れさせるメリット

何の音!?みんなで一斉に注目

ストレス耐性をつける

現在では、犬が嫌いな音のほとんどは、人工的な音です。

野山で野犬になれば違うでしょうが、家庭で暮らすなら、慣れた方がストレスを軽減できます。

例えば、レジ袋を怖がって逃げていた茶々とぼたんでしたが、最近では反応が変わってきました。

茶々は特に反応せず、ぼたんは「遊ぼう」とします。

少なくとも、「逃げる必要のある対象」ではなくなったようです。

いざというときのパニック予防

花火や爆竹など爆発音や破裂音は、散歩中など屋外で遭遇することもあります。

多頭飼いの散歩中、全員がパニックに陥ったら、飼い主も大変です。

急に走り出したら、交通事故の危険性もあります。

嫌な音に慣れることは、安全も手に入れることにつながるのです。

ペットホテルで過ごす準備

ひとり暮らしで犬を飼う場合は、もしものときに、犬を預かってもらう必要があります。

例えば、私が入院したとき。

旅行は「行かない」選択肢がありますが、病気治療はそれが難しい。

ペットホテルに頼ることも出てきます。

その際に、苦手な音が一つでも少なければ、犬の精神的な負担も減らすことができるのです。

ペットホテルが静かな環境とは限りませんもの。

嫌な・苦手な音に慣れさせる方法

機会や場所には様々なバリエーションがありますが、方法自体はシンプルです。

  • 少しずつ聞かせる
  • 聞いた後にごほうびをあげる

飼い主が作り出せる音なら、今日からすぐできます。

我が家の場合は、

  • レジ袋をガサガサさせて、やめる。
  • おやつを見せる。
  • ガサガサさせる。
  • 犬が少し近づいてくる。

これを繰り返しました。

で、犬がそばまでくれば、おやつを与えます。

何度か、時間を置いて繰り返したら、今はもう平気です。

ちなみに雷や花火などは、効果音のCDやYouTubeが便利でした。

なお、ごほうびについては、

  • 飼い主が楽しそうにする
  • しばらく遊ぶ

これでも、効果はありましたよ。

嫌な・苦手な音とうまく付き合っていく

何か聞こえたけど、平常心の茶々

犬たちが嫌がったり、苦手な音のほとんどは、家庭生活で消すことはできません。

それに実際には、犬を傷つけることもありません。

となれば、慣れて、うまく付き合っていく方が得策でしょう。

犬たちが少しでもストレスフリーで過ごせるように、早いうちから慣れさせることがおすすめです。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。