【頭のなか、どうなっているのかな】ご長寿な患者さん【不思議な反応】

職場の話題

こんにちは。

 

入院生活は、とかく不便なものです。

年齢が若い方だと、ご自身が我慢して合わせて下さることが多いのですが、ご長寿さんだとそれが逆転することもあるのです。

 

たとえば、こんな感じ。

 

1階の玄関から、新聞を取ってきてくれ(*’▽’)

 

毎朝、必ずそうおっしゃるのです。

その方は、3階病棟に入院している90歳のおじいちゃん患者でした。

 

ここはどこかと聞くと、「病院だろ」と答えます。病院名まで、ばっちり正解です。

 

でも次の瞬間、また

 

1階の玄関から、早く新聞を取ってきてくれよ( ゚Д゚)

 

会話が成立しますし、はっきりと認知症の症状があるわけでもないのです。

でも、地理感覚だけが妙です。

病室と自宅がつながっていて、それに違和感がないのです。

 

不思議ですね。夢の中の話のようです。

 

その方はひとり暮らしに戻れず、介護施設に入居されました。

朝の新聞はどうなったかしら、と今でもときどき思い出します。

 
スポンサーリンク

外は桜だ

 

年に何度か入院してきて、そのたびに同じことを言う患者さんもいました。

 

外で桜が咲いてるから(*^▽^*)

 

冬でも、夏でも、秋でもです。

だから外に行きたいとか、窓を開けてとか、特に何もありません。

 

ただ、「桜が咲いているよ」とスタッフに教えてくれるのです。

※注:だいたいいつも咲いていません。

 

小柄なちょこんとしたおばあちゃん患者でしたが、この方はもうだいぶ前に亡くなりました。

桜がお好きなのか、何か理由があるのか、思い出でも(*’▽’)?と、教えてほしいと思いつつ、結局は聞かず仕舞いでした。

 

ふと思い出して、ああそういえばとお花見に行こうとしたら、今年はなかなか叶わず。

それでも、ちょっとだけ。札幌近郊の小さな公園(というか空き地です)。

桜って、近づくと甘い匂いがするんですね(#^^#)

 
タイトルとURLをコピーしました