元警察署長による叔母の殺害未遂のこと

あいまいな話

こんにちは。

事件の概要は、こうです↓

ニュース記事からお借りしました。

神奈川県警緑署は16日、同居する叔母(102)の首を絞めて殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで、元県警警視の無職、志田勇太郎容疑者(66)=横浜市緑区中山3=を現行犯逮捕した。叔母は病院に搬送されたが命に別条はない。

署によると、志田容疑者は「介護に疲れ、首を絞めたのは間違いない」と容疑を認めている。同容疑者は泉署長や組織犯罪分析課長などを務めた。

逮捕容疑は16日午後9時5分ごろ、自宅で寝ていた叔母の志田千枝子さんの首をプリンターのコードで絞め、殺害しようとした疑い。

署によると、志田容疑者は妻、千枝子さんと3人暮らし。足をけがした千枝子さんを引き取り、今月上旬から同居を始めた。志田容疑者は1階で千枝子さんの首を絞めた後、殺害したと思い、自ら署に通報した。妻は2階にいたという。

〔共同〕

この事件、職場でもちょっと話題になっていました。

この元警察署長さん、

もしかして、

先を見越した意図的な行動だったんじゃ・・・?

ということです。

介護者は、元公務員で、上級役職者で退職した。

つまり退職金や年金で、住民税の課税世帯だった。

その彼に扶養される形の叔母。

彼女は低所得であっても、

介護者の甥に資産・収入があれば、

公的な介護施設でも費用が高額になったり(減免の対象外)、

入所の優先順位が低くなる場合がある。

※地域差はありますが、特に都会はそうです。

介護者の甥、

もし叔母の介護を、

低料金の公的な介護施設にお願いしたいと考えていたら。

例えば、

入居すれば終身介護となる、

特別養護老人ホーム。

低所得者については、

月に数万円で入居できる場合もあります。

でも、まあ、

大変な人気で、順番待ちの列も長いです。

そんな特別養護老人ホーム。

順番待ちをせずに、

すぐ入居する例もあるのです。

そのうちのひとつが、

虐待事例ですね。

どの市町村も、

突発的な虐待事例に備えて、

地元の特別養護老人ホームと協定を結んでいます。

(場合によっては、老人保健施設など)

ある日、事件が明るみに出て、

虐待された高齢者が保護されたとき、

ひとまずは、

協定を結んだ特別養護老人ホームで受け入れるのです。

虐待事例では、

状況に応じて、

警察も連携します。

ね。

甥っ子さんは、元警察署長さんですが、

このことをご存知だったのでは、というわけです。

元警察署長の甥は、

叔母の首を絞めたものの、

当の叔母は怪我なし(報道通りなら)。

一方で、

甥はすぐさま自首。

引き取って、2週間での事件。

介護疲れの犯行としては、

ちょっと早くないかな、と。

事実は、

もちろんわからないですけどね。

スポンサーリンク

これって、ずるいことなのか

私の職場、と言ってもランチタイムの雑談ですが、

意見は分かれました。

シンプルに、

ずるいじゃん(。-_-。)

という感想。

でも、

簡単に、そうは言いきれないようにも思います。

例えば、

介護者の甥(元警察署長)も、

被害者の叔母も、

どちらもが同居を望んでいなかった場合です。

でも、周囲の圧力で、

暮らさざるを得なかったのなら?

医療・介護の現場は、

制度・規制でがんじがらめですが、

その隙をついた話とも思えて、

何だか痛快な印象もあります。

そもそも、ホントに首を絞めたんでしょうか、ね?

タイトルとURLをコピーしました