【アベノマスク】これ自体もアレだけど、ホントのアレは別のことよねって話

あいまいな話

こんにちは。

 

北海道の札幌近郊では、まだアベノマスクは届いていません。

けっこう楽しみにしていたんですけどね(#^^#)、使うかどうかはともかくとして。

 

「布マスク」を発注して、郵便局を通して、とりあえずポストに配達する

空き家でもなんでも、ポストにとにかく配達

予算もたっぷり

 

他の政策に比べて、とっても簡単そうに聞こえたんですけどね

どうして、頓挫しているのでしょう?(*’▽’)

 

そこだよね( ゚Д゚)

と、同僚が言うのです。

 

こんなことに、466億円って思ったよね。

布マスクなんて、その気になれば作れるじゃん。

国が手配してくれなくても、何とかなるのにね。

国しかできない難しいことに、お金使ってほしいな。

簡単なことで、人気取りみたいにお金使うなよって。

 

すると、室長の見解はこうです。

 

でもさ。

そんな簡単なことも、結局できないんだね。

それ、バレちゃったの、安倍ちゃんとしてはイタイよね~

 

最後は、おばちゃんスタッフがまとめてくれました。

 

アベノマスクもアレだけど、そもそも配ることもできなかったって、安倍総理もアレだね、もうチカラはないんだね(+o+)

 

確かに。

損得で動く人も、能力があって協力したいと思ってくれる人も、もう惹きつけられなくなっているんでしょうか。

 

だから、怖いなと思います。

検察庁の検事や総監の定年延長の有無を、その都度で内閣が決められるアレ、です。

 

この方の記事がわかりやすかったので、どうぞ↓

Twitter で多くの声が上がった #検察庁法改正案 の問題点とは何なのか?|遠藤 結万|note
検察庁法改正案に関して、今までの政治的テーマで類を見ないほどの大きな反発が起きています。 もちろん、「コロナ下で何をやっているんだ」という声や、政府のコロナ対応に対する反発も、一定程度あるでしょう。しかし、ここではその「コロナ下で成立させるべき法案なのか?」という点は一旦脇において、今回の改正案に関する問題を、国会...
 

#検察庁法改正案に抗議します

 

国家公務員の定年を延長するのは賛成ですが(年金財源を負担する世代が増える、とかね)、検察庁は別でしょう。歓迎できませんね。

検察庁は、かつで大臣を逮捕することもありましたし、実際に総理大臣も逮捕できちゃいます。

 

内閣(というか、特に総理大臣)に迎合する「特定の」検察庁長官の任期を長くするため

 

なんだか、そう見えちゃいましたね。

ここだけ、バラせなかったんでしょうかね?

 
タイトルとURLをコピーしました