【夫婦は、一緒のベッドで寝るもの?】それとも・・・

あいまいな話

こんにちは。

職場でお昼ごはんを食べていたときのことです。

 

同僚が言うのです。

 

夫のいびきがうるさくて、眠れないし起こされるの(。-_-。)

 

ここ数年はずっとこの状態だそうで、「もう限界」と。

彼女によると、夫婦仲は別に悪くはなく、問題は、「いびきと不眠」だけ。

 

まあ、ときどき耳にする話ですよね。

でも、「離婚も考えているの」と目が深刻です。

 

その場にいた誰かが、「まず、別の部屋で寝たら?」と言ったのです。

 

そしたら、

 

え、でも、夫婦で別々に寝るなんて、そんな話は聞いたことないけど(+o+)

 

え~っ!?

常識とは、ホント、人それぞれで、聞いてみないとわからないものです。

 

その場にいた看護師(元は病棟勤務)、私、そして理学療法士の感覚では、別々に寝ている夫婦は珍しい話ではありません。患者さんやご家族の例を見聞きして、ありふれた話、ととらえていました。

 

マンションでもよく聞く話ですし、戸建て住宅にお住いの方など、1階と2階に分かれて寝る例も見かけます。

確かに大多数ではないでしょうけど、少数でもない。

こんな印象です。

 

いびきって、客観的にみると、単に「騒音」ですからね。

眠れないのは、眠れない人のせいではないと思うのです。

 

離婚するくらいなら、寝室を分ければいいのに。

他にも何か理由があるの?

 

と、話が深掘りされかけたところ、休憩時間は終了です。

きっと話には出ていない色々な事情があるのでしょう。

 

でも、それにしても!

「夫婦で別々に寝るなんて、そんな話は聞いたこともない」

これがなかなかの衝撃でした。

 

不眠になるまで我慢していっしょに寝るって、何の試練なんでしょうね。

しかも毎晩。

こういうことに耐えられるかどうか、これが結婚していられることの必要条件かも、と思ったのでした。

 
タイトルとURLをコピーしました