注文住宅ってアリなのか

ゆきだるまのお家

見つけたのはこんな土地(羊なしで)

こんにちは、しゅりです。
自分的「転居先を探すプロジェクト」のお話の続きです。
前回まで、中古住宅や建売住宅を諦めたいきさつを書いてきました。

今までは一生賃貸派だったので、持ち家獲得にまつわる様々な事情をほとんど知らないことに気づかされました。世の中は、そう甘くないのですね。゜゜(´□`。)°゜。

それでもあきらめきれず、ネットサーフィンを続けていたわけですが、「札幌」「平屋」「購入」みたいなキーワードで引っかかったのが、雪だるまのお家でした。

雪だるまのお家とは、札幌市内の工務店(藤城建設)が販売する注文住宅シリーズで、ローコストなのに高断熱・燃費の良さがウリです。
そのあたりのクオリティーはさておき、まず魅かれたのは、やっぱり価格です。

「798万円から家を建てられる」・・・!?

まあ、私もそれなりに大人だと自負していますので、この値段ぽっきりだとは思いませんよ、もちろん(*・ω・)ノ
だけど安いと思いませんか?

それに、ローコスト住宅というジャンル自体、あまり知りませんでした。

注文住宅とは、本気で家にこだわる(メンドクサイ)方々や、一発当てた(ウラヤマシイ成金)の人々のためのものだと。それに富裕層の皆様ですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

テレビ東京の「ドリームハウス」で紹介されるような、おもしろびっくり御殿は住んでみたいですが、自分で買おうとは思っていませんでした。
(あの番組は大好きですが、最近さっぱり放映されませんね)

いずれにしても、ウン千万単位でお金を遣い、何十回(もしかすると100回以上?)打ち合わせをやり、精魂込めて関わる一大プロジェクトのイメージでした(→注文住宅)。

でも、違うようです。

ローコスト住宅という分野について、俄然興味がわきました(・∀・)

タイトルとURLをコピーしました