【冬の散歩は楽しい】犬と雪道を散歩するメリットとは?

犬と雪道で散歩するメリット 犬との生活

真冬の寒い時期、雪が降っていても、それでも犬たちのお散歩は必要でしょうか?

小型犬なら、家の中で運動すれば十分だ・・・。

いいえ、小型犬でも、冬のお散歩には、イイことがいっぱいあるのです。

それは、犬同士で遊んで運動量の多い「多頭飼い」でも同じです。

多頭飼いをしてきた私の実感も合わせて、「冬のお散歩のメリット」を紹介します。

スポンサーリンク

雪が積もっても、犬の散歩に行く?

新雪の中の散歩は、犬たちも飼い主も埋まります

私と三匹の犬たちは、北海道で暮らしています。

雪国ですから、当然、冬は銀世界です。

そして我が家の犬たちは、小型犬です。

小型犬は、寒さに弱い。

小型犬は、運動量が少なくてもいい。

だから、小型犬は、雪の中で散歩に行かなくてもいい(無理しなくていい)。

そんな話を聞いたことはあります。

でも、実際に飼いはじめると、それはちょっと違うと気がつきました。

雪が積もっても、散歩に行くこと

これは、デメリット以上に、メリットがいろいろあるのです。

犬と、雪道を散歩するメリット

こんな雪だるまに遭遇したりします

刺激がたくさん

外に出かけるとことは、それだけでも、刺激をたくさん受けられます。

冬も同じです。

雪道の冷たさ、反射する陽の光、ずぼっと埋まる雪山。

よそ様のワンコがした「おしっこ」も、雪道にははっきり残っています。

そして、我が家の犬たちは、雪道の「おしっこ跡」に興味深々なのです。

夏場はそんなに反応しないのに、雪道では、おしっこ跡の匂いをチェックしながら歩いていきます。

運動量を確保

冬でも夏でも、散歩は運動量の確保に最適です。

犬たちはもちろん、飼い主も。

我が家はリビングに家具を置かず、犬たちが走り回れるようにしましたが、それでも限度があります。

犬は「自主的にトレーニングをしよう」なんて考えないでしょうから、走り回るより、おもちゃで遊んだり、寝ている時間も多いのです。

それが散歩に行けば、全身運動に加えて、まとまった運動時間も確保できるのです。

足腰を鍛える

我が家の犬たちは、胴長短足です。

鼠経ヘルニアのリスクが高いので、固い地面でのジャンプなんて、御法度です。

でも、雪が積もっている道では、それができるのです。

踏み固められた圧雪では無理ですが、ねらい目は、新雪の歩道です。

歩道は、車道よりも除雪されるのが遅いので、夕方でも柔らかい雪が残っています。

ズボッと雪に埋まり、そこからジャンプして前進。

雪がクッションになるので、ジャンプしても、足腰には優しいというわけです。

鼠経ヘルニア対策として、足腰の筋肉は、常に鍛えておきたいところ。

雪道のお散歩は、それが楽しく出来ちゃうのです。

飼い主と楽しい時間を過ごす

お散歩は、飼い主の私にとっても楽しい時間です。

それを、犬たちと飼い主が共有することも、お散歩に行くメリットでしょう。

お散歩中、犬たちは「ちらっ、ちらっ」とこちらに目線をよこします。

飼い主は、楽しんでるかな~?

そんな気配を感じます。

冬だから、雪だからと、この楽しい時間を失くしてしまうのは、いかにも惜しいと思うのです。

冬に散歩に行かないデメリット

雪だるまにチャレンジするクロと茶々

刺激がなく、ストレスがたまる

部屋の中にいると、いつもと同じ風景、同じ匂い、家族しか会わない・・・。

恐らく、犬たちは退屈しています。

我が家だと、数日ほど散歩に行けないと、家具やラグをかじったり、ペットシートを掘ったり、いわゆる「いたずら」が始まります。

犬たちのじゃれ合いも、エスカレートしがちな印象です。

犬なりに、ストレスが溜まっているのでしょう。

犬が太る

運動量が減れば、犬も太ります。

そして身体が小さい分、少し体重が増量しても、足腰にはけっこう負担になるのです。

繰り返しますが、我が家の犬たちは「胴長短足」です。

獣医さんからは、

胴長短足の犬が太れば、椎間板ヘルニアになるよ

気をつけて!

そうアドバイスされています。

そして、我が家ではクロが太りやすい。

体重計での測定はしていませんが、

抱き上げたときに、

うっ、重い!

そう感じるときがあります。

数日ほど散歩に行かないときは、特にです。

元々の身体が小さいので、余剰のカロリーは、すぐに脂肪に変わってしまうのかもしれません。

冬の散歩、我が家での頻度や時間

  • 毎日1回、30分前後
  • 距離だと、3~4km

これが、我が家の散歩の目安です。

ちなみに年間通して同じで、冬も夏も変わりません。

気温については、風が吹いていてマイナス8℃なら、行きません。

晴れていても、マイナス10℃以下も、やめています。

雪が降っている場合、猛吹雪でなければ出かけちゃいます。

犬たちも嫌がらないですね。

なお、雪が積もっている間は、犬たちに防寒着を着せています。

犬は、散歩に行けない理由がわからない

犬には、お散歩が必要です。

刺激を受けるためにも、運動のためにも、そして何より、飼い主と楽しい時間を共有するという点でも、お散歩は重要なのです。

確かに、雪が積もった道でのお散歩は、夏よりも準備が必要です。

飼い主の心構えも、違うでしょう(寒いの嫌だな、とか)。

でも、犬たちにとっては、そのあたりの事情は伝わらないでしょう。

冬だから、雪だから、寒いから、お散歩は行かない。

我慢してね。

これを犬たちに言って聞かすことは無理です。

となると、飼い主側で工夫して、冬にもお散歩に行くしかないな。

そう思って、今日も元気にお散歩です。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。