ミニマルなライフコストを書き出してみました

早期リタイア

こんにちは。

 

生まれてから一度も、

家計簿をつけたことがありません。

 

思えば、小学生の頃、

両親からはお小遣い帳を渡されましたが、

書いた記憶がありません。

 

てきとうに記入して、

ちゃっかりお小遣いは受け取っていたような。

 

ずるいことをしたら、

巡り巡って自分に返ってくると聞きますが、

まさに私です。

 

大人になってからも、

家計管理をする、という発想自体が、

ほとんどないまま来てしまいました。

 
スポンサーリンク

どんぶり勘定の人生

 

財布にお金があれば、

あるだけ使い切ります。

 

なければ、それまで。

 

忙しければ、使うヒマがないので、

お金がたまるし、

 

時間に余裕ができると、

あっという間になくなります。

 

何か欲しいものがあって、

そのためにお金を貯めるという経験も、

実はほとんど思い当たりません。

 

手持ち金で買えるものだけ、

手に入れてきました。

 

まさに、どんぶり勘定というわけです。

 

早期リタイアしたいので

 

仕事をすること、毎日出勤することに、

何だか飽きてしまいまして、

早期リタイアを計画中です。

 

じゃあ、最低限いくらの収入があれば、

仕事を辞めてもいいのか、

考えてみました。

 

生活のミニマルコスト、ですね。

 

把握しているものだけ、

ざっくり書き出しました。

 
  • 両親へ渡す・・・5万円(食費込み)
  • 携帯・・・3500円
  • プロバイダー・・・6000円
  • 電気代・・・1万円
  • 水道・・・6000円
  • 灯油・・・1万円(月額換算)
  • ガソリン・・・3000円
  • 犬関係(ごはん、おやつ、ワクチン、ペットシートなど)・・・2万5000円
  • 化粧品・・・1万5000円(月額換算)
  • 通院費・・・5000円(月額換算)
  • ドラッグストア・・・1万5000円
  • 生命保険・・・2000円
  • イデコ・・・2万3000円
  • 合計:17万3500円
 

積立投信や積立貯金もしていますが、

それは含んでいません。

いつでもやめられますしね。

 

うーん、思っていたより少ないですね。

 

しかも、どんぶり勘定の概算なので、

実態通りなのか、

いまひとつわからないです。

 

だけど。

 

輪郭が見えたので、

家計を見ることが怖くなくなってきました。

 

むしろ、楽しいかも、です(#^^#)

では、細部を見てみようという気になりました。

タイトルとURLをコピーしました