イライラの瞬間を見つけた!

あいまいな話

何の小説だったか思い出せないのですが、

主人公のお母さんが言っていました。

 

いつも平らかで、

穏やかな気持ちでいられるように、

この子の名前は、

「平」に決めたの

 

平らかな気持ちという表現が気に入りまして、

ときどき思い出します。

 

とは言え、

職場にいると、

イラっとする瞬間があります。

 

以前なら、

 

イライラなのか、

アドレナリンが出て興奮しているのか、

もう何なのかわからないくらい忙しくて、

1日が1秒みたいに過ぎていきました。

 

でも、今はだいたいヒマなので、

ちょっと気をつけて考えてみました。

 

この考える時間って、

イイですね(*’▽’)

 

仕事のために、

湯水のように使っていた時間でしたが、

無限じゃなかったんだ、とよくわかります。

 
スポンサーリンク

「ないがしろにされた」この瞬間に

 

さて。

イラっとするとき、です。

 

お願いした通りに、他人が動いてくれないとき

こっちの仕事じゃないじゃんという業務を雑に振られたとき

 

イラっとしますね~。

 

でも、いつもじゃないです。

 

イラつく瞬間はですね、

「テキトーに」あしらわれたとき

なんですね。

 

頼んだのに、ほったらかしにされた

ヒマなんでしょ?とうす笑いな表情で言われた

 

イヤ、確かにヒマなんですが、

でも、

 

だからと言って、

 

業務外の雑用っぽいことを

「やって当然でしょ」

と、振られるのがイヤなんです。

 

ないがしろにされた、と思うと

イラっとするようです。

 

そっかー、です。

プライド、けっこう高いのかもしれません。

 

わかってすっきりです。

 

メカニズムを把握していれば、

気持ちが波立っても、

対処がカンタンですもん。

 

それに、

 

他のひとにも、

ちょっと配慮して声をかけようかな、と。

 

ライフハックでした(*’▽’)

タイトルとURLをコピーしました