【犬と暮らす家】多頭飼いで快適に暮らすアイディアとは?

多頭飼い 住まいのアイディア 犬との生活

ひとり暮らしですが、小型犬3匹を多頭飼いしています。

今でこそ穏やかに暮らしていますが、落ち着くまではけっこう大変でした。

人間の「住まい」に犬が加わるだけでも、それなりの準備が必要です。

まして、それが多頭飼いならなおのことでしょう。

今回は、一人暮らしで多頭飼いをするためには、「住まい」にはどんな工夫が必要か紹介します。

スポンサーリンク

犬と人間が生活空間を共有するということ

ひと昔前までは、犬は屋外で飼われていたものです。

その頃は、庭や玄関先の犬小屋が、犬の生活スペースでした。

でも今は違いますよね。

よほど特殊な状況でない限り、家庭犬のほとんどが室内で暮らしています。

人間と犬の生活空間が重なるようになったのです。

ヒトの家は、犬にとって危険がいっぱい

ひとり暮らしのリビングと言えばこんな感じ?

例として、リビングルームを見てみましょう。

特にひとり暮らしにとっては、一番長く過ごす場所です。

暮らし方によっては、ベッドルームも兼ねるでしょう。

もちろん犬にとっても、くろぎのスペースです。

走り回ったり、ソファーでお昼寝したり。

飼い主と遊んだり。

ただし人間と犬は、違います。

人間にとっては大丈夫でも、犬にとっては危険なモノもあります。

フローリングの床

フローリングの床は、犬にとっては滑りやすい上に固く、走りにくいとされます。

滑って転びやすく、骨折しやすいのです。

特に胴長短足の犬(ミニチュアダックスやコーギーなど)は、腰を痛めたり、椎間板ヘルニアのリスクが高いです。

滑りにくいワックスを塗ったり、ラグやジュータンを敷くなどの工夫が必要です。

コルクのタイルマットも、汚れた部分だけ取り替えられるので、なかなか便利です。

コンセントや電気コード

犬は、紐やコードの類をおもちゃにして、噛んだり引っ張ったりするものです。

それが電気コードで遊んでいた犬が、感電して死に至った例もあります。

あるいは、火災の原因になることも。

一度の不注意が、最初で最後の大事故につながるのです。

コンセント周りをカバーでガードしたり、家電製品は使うときだけ設置するなど、配慮が必要です。

ソファーなど、高さのある家具

ソファーだけでなく、ローテーブルやピアノのイスなどもそうです。

30~50cmほどの高さの家具、けっこうたくさんあります。

飼い主が座っていれば、犬も興味を示すでしょう。

でも、これが危険なのです。

上るときはいいとして、下りるとき。

足の短い犬や小型犬・中型犬は、腰を傷める可能性が高いです。

また、うとうと居眠りをしたり、じゃれて遊んでいた結果、転落事故につながることもあるのです。

飼い主が必ず抱き下ろしたり、犬がひとりで上がらないようにしつけましょう。

あるいは、そういった家具を置かない・持たないことも方法のひとつです。

我が家の場合、ソファーもローテーブルも置いてませんから、

ほらこの通り。

がら~んとしています。

観葉植物も危ない

お部屋の彩りになったり、空気をキレイにしてくれたり、たまにはグチの聞き役になったり。

観葉植物は、ひとり暮らしにとって、癒しスポットです。

でも犬との暮らしでは、注意が必要です。

観葉植物の葉っぱ、植木鉢の中の土やハイドロ材。

見ているだけなら問題ありませんが、食べれば、中毒の原因になるものもあります。

人間は食べませんけどね。

犬は、珍しいものを「食べちゃう」んです。

美味しいわけないと思うのですが、犬の味覚では違うのでしょうか。

飼い主がすぐに気がつくならまだしも、お留守番中に異食し、中毒を起こしてひっくり返ったら最悪です。

ひとり暮らしで犬と暮らすなら、観葉植物は諦めるか、犬の鼻先が届かない場所に置きましょう。

そういえば知人宅では、観葉植物の根を掘り返し、虫の幼虫を見つけたワンコがいました。

植木鉢の中に幼虫がいたこともショックだし、幼虫を食べた愛犬のことも心配だし、

ひと晩中、眠れなかった!

そう言っていましたっけ。

多頭飼いならではの注意ポイント

いかがでしたか?

犬と人間は、やっぱり違う生き物です。

いっしょに暮らすには、気をつけるべきことがあるのです。

  • フローリングの床は滑らないように
  • コンセントや電気コードをいたずらしないように
  • 家具から飛び降りないよう
  • 観葉植物を食べないように

そして、多頭飼いならではのおすすめ方法をひとつ。

「触ってはダメ」

「飛び降りてはダメ」

多頭飼いで、禁止事項を教えるのは本当に大変です。

なぜなら、一匹に集中できないから。

それに、全員に目を配って、ダメなことをしたら瞬時に注意するなんて、かなり大変です。

ひとり暮らしで、犬を多頭飼いするなら、

危険なものは、最初から全部片づけておく

これが、一番のおすすめです。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。