犬は、泳げるのか?という疑問

犬との生活

突然ですが、泳げますか?

意味深な比喩じゃないです。

文字通り、プールで25m泳げるかどうかって話です。

 

私は、小学校3年生まで、全然泳げませんでした。

 

北海道なので、プール学習など年に数回。

まあ、泳げなくてもそれほど困らないですが、

水泳を習っているひとは、やっぱりかっこよかった。

 

だけど、私は、泳ごうとすると沈みました。

そもそも手や足を、どう動かせばいいか知りません。

適当にもがけばもがくほど、

前に進まず、水底が顔面に迫ります。

 

運動神経、途中で途切れているのです。

 

 

でも、あるとき、妙案に気がつきました。

 

沈むスピードより、速く進んでいけば、いいんじゃない?

顔を水につけて、水底から離したら、

即、全力でバタ足!

 

 

やってみたら、思惑通り。

沈みませんでした。

 

 

ただし、すごくしんどい。

 

 

そこで、また考えます。

 

沈まない方法は、もうわかった。

じゃあ、沈む直前までテキトーに楽にして、

ヤバいと思ったら、バタ足すれば十分では?

 

なんて、横着な。

極めて私らしく、今思い出してもちょっとウケます。

 

でも、これをやってみると、

身体が、ふっと浮きました。

 

 

どこにもチカラは入っていない、

なんて楽な時間。

 

 

小学生のころの記憶なんて、

もうたいして残っていませんが、

これははっきり思い出せます。

 

と、いうか思い出しました。

 

年明け早々。

犬を湯舟に浮かべてみたのです。

もちろん、ぬるま湯。

 

泳げたら、気持ちいいかなと思ったのです。

 

 

が、全くダメでした。

犬かきでスイスイかと思ったら、

ブクブクです。

 

パニックになりそうだったので、

すぐに救出しましたよ、もちろん。

 

犬って、

犬というだけで、

初めから泳げるわけではないんですね?

 

 

そんな発見から始まった今年ですが、

またぼちぼち更新していこうと思います。