多頭飼いで犬がケンカしたら、止めるべき?解決法は?

多頭飼いで犬がケンカしたとき 犬との生活

犬たちがケンカしたら、どうすればいい?

犬の多頭飼いの不安要素として、よく挙がってくる話題ですよね。

ウチも3匹の犬と暮らし始めて、もう5年以上。

何度となく、ヒヤリとした瞬間はありました。

そこで今回は、多頭飼いでの犬のケンカについて、対処法をまとめました。

これはかかりつけの獣医さんに相談しつつ、我が家で実際にやっている方法です。

スポンサーリンク

犬たちがケンカを始めたら

茶々がぼたんの耳を甘噛みしていますが、ケガにはなりません

基本的にはほっとく

そもそもですが、人間の飼い主から見ると、犬たちが「ケンカしているのか」「遊んでいるのか」見極めはけっこう難しいです。

ケンカに見えても、実際には遊んでいることも多いのが現実です。

まずは、見守りつつほっとくのが第一の選択肢です。

ちなみに犬たちの遊びは、なかなかハードです。

  • うなる
  • 甘噛みする
  • ひっかく
  • ひっくり返す
  • 馬乗りになる
  • 全力でぶつかってくる

我が家では、耳に噛みついて引っ張ったり、体当たりされてひっくり返ったり、アクションシーンのようです。

でも、ケガをすることはほとんどありません。

(本気のケンカもありましたが、それは過去の話)。

犬同士で、ちゃんとチカラ加減をしているというわけです。

ケンカは両成敗

あ、これはヤバいかも!

そう思って、ケンカを始めた二匹を引き離したり、声をかけたとします。

飼い主に注意を向けた二匹に対し、私がすることを一つだけ。

双方をほめる

(ケンカをやめたこと、飼い主に注意を向けたこと、アイコンタクトできたこと)

ケンカそのものは、両成敗です。

人間からすると、どっちが先に仕掛けたとか、どっちが好戦的だったとか、たいてい判断できます。

でも、それを犬たちと共有する方法がありません。

どちらかを叱ったところで、その理由を犬は理解できないのです。

なので、

飼い主の声かけに反応した

その一点について、ほめるしかないわけです。

本気のケンカを始めたら?

やや本気モードでうなる茶々

ほとんどはじゃれたり、遊んでいるだけですが、時には本気のケンカに発展します。

我が家の犬たちでも、すごく大きなケンカが1回、軽いけがをしたのが数回ありました。

引き離すときの目安

遊んでいるのか、ケンカなのか、引き離すかどうかの判断はこうです。

  • 甲高い声で、「キャン」と泣いても止めない
  • 明らかにケガしている

犬が「ワンワン」「ギャンギャン」「ガウワウ」ではなく、甲高い悲鳴のように「キャンっ」と泣くときは、要注意です。

強い痛みを感じた可能性が高いのです。

また、飼い主の目で見てわかるくらい、はっきりケガをしているときもアウト。

直ちに、犬たちを引き離しにかかります。

犬たちを引き離す方法

絶対に噛まれないように!

人間の飼い主が犬のケンカを仲介する場合、最も優先することは、噛まれないことです。

興奮状態の犬は、うっかり噛みついてしまう可能性があります。

犬の頑丈な顎で、思いっきり噛まれたら・・・

人間は骨折することだってあるのです。

なお、犬がヒトを噛めば、咬傷事故として保健所に届け出が必要になります。

飼い犬に噛まれたとしても、それは同じ。

飼い主のケガが重大であれば、その犬は殺処分される可能性もゼロではないのです。

飼い主は手袋を装着

犬を引き離す前に、まずは手袋を装着しましょう。

ニットより、牛皮や豚皮など、丈夫な素材のものがベストです。

万が一噛まれても、ケガを防止するのが目的ですが、手袋のおかげで飼い主が行動的になれることもメリットなのです。

大きな音を出す

大きな鍋を叩く、おもちゃのラッパを吹く、iPhoneのサイレンを鳴らす・・・

方法は何でもいいので、とにかく大きな音を出します。

うまくいけば、犬たちがびっくりしてケンカをやめます。

この方法は、子犬よりも成犬になりかけの時期の方が有効でした(我が家の場合)。

水をかける

シャワーの蛇口を伸ばす、ホースを使う、洗面器に水を入れてぶっかける・・・

犬を驚かせて、ケンカをやめさせるのが目的ですから、ちょっとしか水がかからなくてもOKです。

大きな音を出すよりも効果はあるのですが、後始末が大変です。

ちなみに私自身は、一回しかやったことありません。

犬たちを引き離した後

三匹が間合いを取り合う瞬間

ケンカの直後

引き離した直後は、ケンカ両成敗。

どちらも叱りません。

飼い主の行動に反応してケンカをやめたことに対して、ご褒美をあげます。

そしてケガをしていれば、手当は迅速に行うだけです。

それからしばらくの間

大きなケンカの後は、しばらくは注意が必要です。

ケンカした犬同士が近寄ったとき、

  • 目を見開く・歯をむき出す
  • 唸り声をあげる
  • 不穏な雰囲気を出す

こんな威嚇行動があれば、飼い主の手で「さりげなく」引き離していました。

その間は、ごはんも別の場所で食べさせていたものです。

これが長いときで数か月。

でも徐々に表情が緩み、威嚇行動はなくなり、最終的には仲良くなったのです。

犬の多頭飼いとケンカはセット

軽い小競り合いは、遊びのうち(クロと茶々)

よほど運が良くない限り、犬の多頭飼いでは、ケンカは起こります

これはもう仕方がないです。

犬のケンカが絶対イヤなら、多頭飼いするんでない。

こう、獣医さんに言われたものです。

確かに犬たちのケンカは、対応するのも大変だし、飼い主として精神的に辛い状況です。

でも、それ以上に、多頭飼いは楽しい時間も多いです。

飼い主側が賢く立ち回ったり、対策を立てて、多頭飼いでの犬たちのケンカを乗り越えていきたいものですね。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。